【15】大学1年。実家から通学したけれど。

憧れの大学生活。

演劇サークル。

だけど、学業、バイト、通学時間で

いっぱいいっぱい。

 

心理カウンセラーの
四葉凛子(よつばりんこ)です。

自分の生い立ちを振り返る、
四葉ストーリーを書いています。

 

・プロフィールはこちら
・四葉ストーリーの記事一覧はこちら
 

実家からの通学生活

1992年、私は、

地元の国立大学教育学部に入学しました。
小学校教諭と、中学&高校の国語教諭の資格がとれる所です。
 
大学1年の時は、実家から大学まで、
電車通学で通っていました。

高校の時からやっていた

「ロッテリア」のバイトを、
大学近くの店舗に異動して継続しました。
 
また、「塾講師」のバイト
同時にはじめました。
教員を目指しているし、塾講師の時給は高いし、それがベストな選択と疑っていませんでした。
大学の学費は、申請が通り、
授業料が半額免除となりました。
奨学金は、全額を親に渡し、
学費と交通費の足しにしてもらいました。

この形で、十分 大学4年間を過ごせるものと思っていました。

 
 
▼大学の入学式。
私は、当時はやっていた「ソバージュ」頭をしています。

 

サークルはもちろん「演劇研究会」に。

サークルは、

当時「劇研(げきけん)」と呼ばれていた
「演劇研究会」に入りました。
 
この劇研に入部するのが、
中学からの夢でした。
 
教育学部に入るよりも、
「劇研に入れる」ことの方が、
ずっと楽しみだったかもしれません。

クローバークローバークローバー

実は私は、中学生の時から

「劇研」の存在を知っていて、
その公演も、何度も観に行っていました。

茨城県の高校演劇や

劇団に詳しい人なら、
関 勝一さんを ご存知かも知れません。

 
勝一さんは、私より6歳先輩で、
水戸芸術館で毎年公演している
「劇団OH-NENS」の座長さんです。
 
脚本、演出、役者の全てを、
現役の高校教師をしながら、
こなされています。
 
また、茨城の高校演劇のトップ
(茨城高等学校演劇連盟事務局長)
も務めていた、
ものすごい大御所の方なんです。
 
なんと、映画『幕が上がる』では、
ももいろクローバーZと共演までしています。

▼高校演劇をテーマにした、

  2015年公開の青春映画。
高校演劇に関心がある方には、オススメビックリマーク
幕が上がる

 

 
そんな、才能も情熱もある勝一さんが、

ちょうど私が中学生の時、
現役大学生として、
「劇研」で活躍していたんですね。

そんな勝一さんが率いる

「劇研の芝居」は、中学生の私にとって、
ものすごく斬新で、イキイキしていて、
憧れの存在でした。
 
だから、そんな憧れの
「劇研」に入れたことは、
私にとって、ものすごい喜びだったのです。

 

学業、バイト、通学時間でいっぱいいっぱい。

ですが、この

学業・バイト・劇研のサークル活動を、
同時進行でこなすことは、困難を極めました。

そもそも教育学部は、

小中高の教員免許を取るために、結構な単位を取得しなくてはいけません。大学の授業も、1年次から結構なボリュームがあって、大変でした。
 
一方で、バイトの時間も、ある程度確保しなくてはいけません。

塾講師のバイトは、時給が良くていいと思っていましたが、それはあくまで、「授業をやっている時の」時給が高いだけで、その授業を行うためには、事前の準備が必要になります。その準備にかかる時間を考えたら、決して割のいいバイトではありませんでした。
ロッテリアと塾講師で、結構忙しかったです。

▼ロッテリアでバイトしていた頃(大学1年)

また、一番ネックだったのが、

電車やバスの最終時間でした。

大学1年の時は、
実家から電車&バス通学をしていたので、

実家にちゃんと「帰宅できるように」と考えると、バイトにしても、サークルにしても、最終バスや 終電に間に合う範囲でないと、活動できないのです。
▼茨城県といえば、の常磐線

 

演劇を思う存分やりたいのに。

一番困ったのは、
一番やりたかった

「劇研」の活動を、
思う存分できないことでした。

バイトや帰宅時間があるために、

サークル活動を 時々休んだり、
早退したりするしかないのです。

そのため、お芝居の「主要な役」を

希望することが出来ませんでした。
時々休んだりしても支障がない、
脇役裏方を希望するしかありませんでした。
(脇役や裏方も、もちろん大切なんですけどね!)
 
大好きで、自信も持っている、演劇活動。
中学生の頃から憧れていた、劇研での活動。

それなのに、
思う存分 活動することができない・・・。
 

そのフラストレーションが、
どんどん溜まっていきました。

クローバークローバークローバー

・・・次回の記事
【16】大学2年。仕送りは一切いらないから。につづく。

▼四葉ストーリーの「大学時代」記事

【15】大学1年。実家から通学したけれど。 左矢印本記事
【16】大学2年。仕送りは一切いらないから。
【17】2番めの彼氏。初めての愛される喜び
【18】普通のバイトじゃ間に合わない。
【19】努力にも限界が。無理は後でツケが来る。

 

 

投稿者プロフィール
メンタルサポート・アイバランス
 四葉凛子(よつば・りんこ)

・公認心理師。
・トラウマ療法「SE™」
認定プラクティショナー。
・2006年の開業以来、
約1万件の相談に対応。

心の安定に必要なのは、
アタマ、カラダ、ココロのトータル調整。
目の前の問題解決は もちろん、
背景にある「根本原因」に注目し、
アプローチします。

詳しいプロフィールはこちら
カウンセリングのご予約はこちら
お問い合わせはこちら

 

 

四葉凛子(よつばりんこ)

四葉凛子(よつばりんこ)

まずは自分をととのえる。アイバランス四葉凛子です。公認心理師、シニア産業カウンセラー、トラウマ療法「SE」認定プラクティショナーです。

関連記事

特集記事

コメント

この記事へのコメントはありません。

CAPTCHA


TOP