【1】親は悪くない。子は影響を受ける。

子育てに悩むお母さん。
生きづらさを抱える人。そんな人たちに、少しでも役立つ情報が書ければと願い、
書いていきます。

四葉ストーリー【1】 0~4歳の入園前。

ではいよいよ、
四葉ストーリーを始めたいと思います!

まずは、私が誕生した0歳から、
幼稚園入園前の4歳頃
までについて、書きたいと思います。

乳幼児期の重要性について

その前に!
具体的な内容に入る前に、
ちょっと大切な、前置きをさせてください。

よく、「三つ子の魂百までも」とか
「三歳児神話」とか言って、
3歳くらいまでの子育ての重要性が語られています。

私は、この言葉が嫌いです。
親に過度なプレッシャーを与えたり、
子ども自身にも、3歳までの育てられ方がダメだったら、
もうダメなのかという、変な思い込みを持たせる可能性があるからです。

ですが。
そうなんだけれども。

心理カウンセラーとして
いろいろ勉強してきて、
臨床経験もたくさん持って、
やっぱり、思います。

子どもの人格形成、心身の育ちを考えた時、
やっぱり、この時期がとても重要なのは、事実です。

取り返しがつかないとは全く思いませんし、
絶対にそういう言い方はしたくない、
と思っています。

ですが、重要な時期である事はやっぱり間違いないし、知っておくべきだとも思うのです。

▼生後7~8ヵ月頃のわたし

一方で、
自分が実際に母親となった経験から、
そして、カウンセラーとして、
たくさんのお母さんのナマの声を聞いてきた経験から、思います。

大切な時期なのは
重々わかっている!
だけど、そんな理想通りの
子育てなんて、できない!

お母さんだって、子どものために、少しでも良いお母さんでありたいと思っている。

だけど、そんな理想通りには、
なかなか出来ない
現実。

子どもを育てるという事は、
やっぱり、とても大変なことで、
ままならないものだという現実。

それも、痛いほどに、身に染みているのです。

▼私が1歳の頃。母と。

子どもは影響を受ける。私の場合。

子育てが大変なのは 事実です。

ですが、
子供の立場としては、
そんなこと知らないし、
わかりません。

純粋に、
見るもの・聞くものから
印象を受け取って、
素直に、影響を受けるだけ。

今思えば、私の父も、母も、
とても一生懸命な、良い両親だったと思います。

カウンセラーとなり、大人となった今の私は、
親を責める気持ちなんて、全然ありません
感謝の気持ちしかありません

・・・ですが、私は一時期、
父のことが嫌いでした。

父の悪口を私に吹き込む母のことも、
嫌いだった時期がありました。

そして私は、
以下のような思い込みを、長く持っていました。

①ウチはお金がない。お金がないのは、お父さんのせい。
②人の顔色が気になる。人の評価が気になる。
③私はちゃんとしよう。聞き分けの良い、いい子でいよう。

このような、
私の人格形成や思い込みに、
父や母の影響が大きくあったことは事実
です。

そして 過去を振り返ると、
この0~4歳の時期に、
その影響の原点が確かにあったことに
気がつかされます。

▼4歳の頃のわたし

長くなったので、続きは次回の記事で。

具体的に、私が0歳から4歳の頃どんな感じだったのか。
その頃、両親には、どんな事情があったのか。

次の記事で書きますね。

→続きはこちら 【2】子どもの知らない、親側の事情、背景。

 

 

 

アイバランス四葉

アイバランス四葉

まずは自分をととのえる。アイバランス四葉です。公認心理師、シニア産業カウンセラー、トラウマ療法「SE」認定プラクティショナーです。

コメント

この記事へのコメントはありません。

CAPTCHA


アイバランス四葉

アイバランス四葉

まずは自分をととのえる。アイバランス四葉です。公認心理師、シニア産業カウンセラー、トラウマ療法SE認定プラクティショナーです。

TOP