【28】0歳育児。どこまでやればいいの?!

世の中の声や情報はあり過ぎ。
知っておきたいこと、
心掛けておきたいことは、
この3つだけ。

 

0歳育児は、3つを心掛ければ十分。

28歳の私は、男の子を産み、

1年の育児休暇に入りました。

初めての子育て、
前回記事で書いたような
「理想のお母さんになる!」
の気負いもあったことから、

当時のワタシは、
あれもやらなきゃ、
これもしてあげたいと、

だいぶ欲張り、頑張っていました。

 

でも、19年経った今思うと、
当時は、いろいろ考え過ぎていたし、
やり過ぎていた
と思います。

世の中の育児本や
周囲の声、マスコミ情報などを
まともに聴いていたら、
本当にキリがない
です。

母乳神話や 早期教育の圧力も、
大きなお世話。

▼離乳食を一生懸命つくっても、食べてくれない!と悩んでいた頃。息子7か月。

私はその後、
実際に子育てのリアルを経験して、
また、心理カウンセラーとして、
たくさんの親子の悩み、問題、

すれ違いや トラウマ
聴かせてもらってきました。
そして、発達心理学や脳科学、
神経生理学や進化生物学などの
様々な最新の知見も学んできました。

そんな20年近くを過ごして、
つくづく思うことは、

赤ちゃんが
心身ともに健康に育つためには、

後から述べる
「3つの心掛け」だけで十分!
ということです。

本記事では、その3つについてと、
その3つの理解に役立つオススメ本
(NHKスペシャルの完全マンガ化本)を、
ご紹介したいと思います。

こちらの記事で ご案内したように、
「当時のワタシ」と、「今のワタシ」
2人の声で お届けしますね。

初めての子育て。あるある、当時のワタシ

当時のワタシは、こんな風に思って、
こんな風に頑張っていました。
「母乳がいいんだよね。母乳をあげなきゃ。」
「離乳食を作らなきゃ。食べさせなきゃ。
体にいいものは…。」

「だけど、夜中もおっぱいで、私、眠れない!」
「せっかく作ったのに、食べてくれない!」

「ダンナも手伝ってくれるけど、
帰りが遅いから、
基本、私一人で頑張るしかない。」

「子育てサークルに入って、
ママ友を作ろう。交流しよう。
子どもにも 遊ぶ機会を与えよう。」

「ベビーマッサージ?
ベビースイミング?
やっぱり小さいうちに、
いろいろやらせてあげた方がいいんだよね。」
(そして習わせる)

「あれもこれも やることがある。
だけどこの子は、ママがいないとすぐ泣くし。
片付けもできない!
トイレも まともに行けない!」

「育児”休暇”って、全然”休暇”じゃない!」

「こんなんで、もうすぐ
仕事復帰なんてできるの?!
家事、育児、仕事の両立なんて出来るの?!

今のワタシから、当時のワタシへ。
「本当に、子育てって大変!」

今のワタシから、当時のワタシに 伝えます。

本当に、赤ちゃんのお世話、
子育てって大変だよね。

下記で紹介する本でも言っているけど、

「人間ほど、育てにくい子どもを
 育てている動物はいない」し、
「本来、子育ては
集団でやるもの(共同養育)」なんだよ。

▼書籍「ママは悪くない!」のP21より引用。

それを、お母さん1人だけに
背負わせよう、頑張らせよう、
あれもこれも、子どものためにやるべきだ、
やらせるべきだ。
・・・なんていうのが、
土台ムリな話なんだよ。

特に 0歳児、赤ちゃんを育てる時は、
次の3つだけ理解して、
あとは「できる範囲」を心掛けていれば、
それでもう、十分
だからね。

理解してほしい、その3つは、
下の通りだよ。

・・・長くなってきたから、
それぞれの詳しい説明は、
次の記事でするね。

ちなみに、①と③を分かりやすく理解するために、

2016年にNHKスペシャルで放送されて、今、完全漫画化もされた次の本の内容が、とても読みやすいし、役立つと思うよ。

 

[コミック&エッセイ]ママは悪くない!子育ては“科学の知恵”でラクになる

 

” alt=”[コミック&エッセイ]ママは悪くない!子育ては“科学の知恵”でラクになる” width=”240″ height=”240″ data-img=”affiliate” data-src=”https://p.odsyms15.com/1INMi80DwQHwvphKSQy6T1″ />

あなたが 子育てを頑張っていた当時は、
まだ、こういう進化生物学や脳科学による知見が、一般には出回っていなかったよね。
読むだけでも、ラクになると思うよ。
ぜひ、これも参考にしてみて。

じゃあ、①~③の内容について、

 

四葉凛子(よつばりんこ)

四葉凛子(よつばりんこ)

まずは自分を満たし、ととのえる。アイバランスの四葉凛子です。公認心理師、シニア産業カウンセラー、トラウマ療法SEの認定プラクティショナーです。

関連記事

特集記事

コメント

この記事へのコメントはありません。

CAPTCHA


TOP