【16】大学2年。仕送りは一切いらないから。

どうしても 演劇をやりたい。
思いっきりやりたい。
お金は、自分で何とかするから。
 

 

心理カウンセラーの
四葉凛子(よつばりんこ)です。
自分の生い立ちを振り返る、
四葉ストーリーを書いています。

 

・プロフィールはこちら
・四葉ストーリーの記事一覧はこちら

現在は、「大学時代」を書いています。

 

▼四葉ストーリーの「大学時代」記事一覧

【15】大学1年。実家から通学したけれど。 ←前回
【16】大学2年。仕送りは一切いらないから。左矢印今回
【17】2番めの彼氏。初めての愛される喜び。
【18】普通のバイトじゃ間に合わない。
【19】努力にも限界が。無理は後でツケが来る。

 

 

実家からの通学では、
思う存分、演劇ができない。

実家からの電車通学と
バイトで忙しい状態では、
憧れだった劇研(演劇サークル)での活動を、
思う存分やることが不可能でした。

詳しくは前回の記事で→★こちら

そこで、私は一生懸命考えて、
親に頼らずに、大学近くに下宿する方法を考えました。

▼大学1年。ロッテリアでバイトしていた頃。

 

 

親に頼らずに下宿生活をするために

まず、一人暮らしでは お金が掛かり過ぎてしまうので、

友人とルームシェアして、家賃や光熱費を折半して暮らすことを考えました。

幸い、同じクラスの友人に、

私と同じように 大学近くに下宿したいと考えている子がいたので、あっという間に話が進みました。

奨学金も、日本育英会(現・日本学生支援機構)の他に、

民間企業からの奨学金を、もう一つ受けることにしました。

(ファスナーで有名な”YKK”の、「吉田育英会奨学金」。)

学年で1人しか選ばれないものだったので、どうなるかと思いましたが、無事申請が通り、大学2年から利用できることになりました。

(この2つの奨学金のおかげで、私は大学生活を送ることが出来ました。本当に感謝しています。

ただ、当時は簡単に借りてしまいましたが、返済はやはり大変でした。この2つの奨学金を完済したのは、なんと昨年です。)

バイトも、塾講師やロッテリアのバイトでは、定期的に時間が取られ、劇研サークルの活動に支障をきたすので、警備員のバイトをすることにしました。

道路工事の現場とか、大型店舗の駐車場で、車の誘導をする、あの警備員のバイトです。

いわゆる、日雇いのような働き方ですね。
休みの日とか、公演がない時期とか、都合が良い時に集中的にバイトを入れることにしました。

▼ジョイフル本田の駐車場などでやっていた頃。探したら写真があってビックリ!

 

仕送りは一切いらないから!

ここまで準備を整えて、親に訴えました。
親は当初、私が実家を出ることに
反対だったからです。
 

============

お願い!
大学のそばに下宿させて!

仕送りは一切いらないから。

奨学金と バイト代と 
友達とのルームシェアで、

ちゃんと自分で やりくりするから!

大学の学費(※1)だけ払ってくれたら、
後はもう、一切頼らないから。

(※1: 当時の国立大学の授業料は、年間40万円弱。私は半額免除を受けていたので、年間20万円弱でした。)

私は、役者になることを諦めたから、
大学時代の今しか、

思う存分 演劇ができない。
(※2)

自宅から通う形だと、メインで行われている「夜の練習」に あまり参加できないから、裏方とか、チョイ役とかしか、希望できない。

※2: 役者になる夢を諦めて、
教員を目指すことにした理由はこちら↓

 

お願い!

お母さんたちには、
絶対 迷惑をかけないから、
だから、下宿を許して!

 

===========

 

こうやって必死に訴えて、何とか、
大学そばに
下宿する許可を得た
のです。

▼住んだのは、こんな感じの2DKアパート。

 

大学2年から、念願の下宿生活。

こうして、大学2年の4月から、
私は念願の下宿生活キラキラを始めることができました。

そして、最大の目的だった

劇研サークルの活動に、

しっかり参加できるように
なりました。

主要キャストや、時に演出として、活動できるようになりました。

 

「学業」と「バイト」と「サークル活動」。
この3つの活動なら、
何とか回していける体制
を整えたのです。

▼大学2年夏。右がわたし。当時は、水戸サントピアという所があって、そこで公演していました。

 

クローバークローバークローバークローバークローバー

ところが、下宿生活をするようになり、
「新しい彼氏」ができたことで、
また 新たな悩みが 

生まれてしまったのです。

続きは、
【17】2番目の彼氏。初めての愛される喜び
の記事で書きますね!

更新は今、週1~2ペースですが、
ぜひまた お越しくださいませ!ウインク

 

▼四葉ストーリーの「大学時代」記事一覧

【15】大学1年。実家から通学したけれど。 
【16】大学2年。仕送りは一切いらないから。左矢印本記事
【17】2番めの彼氏。初めての愛される喜び。
【18】普通のバイトじゃ間に合わない。
【19】努力にも限界が。無理は後でツケが来る。

 

投稿者プロフィール
メンタルサポート・アイバランス
 四葉凛子(よつば・りんこ)

・公認心理師。
・トラウマ療法「SE™」
認定プラクティショナー。
・2006年の開業以来、
約1万件の相談に対応。

心の安定に必要なのは、
アタマ、カラダ、ココロのトータル調整。
目の前の問題解決は もちろん、
背景にある「根本原因」に注目し、
アプローチします。

詳しいプロフィールはこちら
カウンセリングのご予約はこちら
お問い合わせはこちら

 

 

四葉凛子(よつばりんこ)

四葉凛子(よつばりんこ)

まずは自分をととのえる。アイバランス四葉凛子です。公認心理師、シニア産業カウンセラー、トラウマ療法「SE」認定プラクティショナーです。

関連記事

特集記事

コメント

この記事へのコメントはありません。

CAPTCHA


TOP