アイバランスの「カラダアプローチ」とは?

じぶん調整

アイバランスの「カラダ・アプローチ」。その概要。

昨日の記事でもご紹介した通り、
あるブログ読者さんから、
次のような質問をもらいました。

「整体師やヨガの先生じゃない、
心理カウンセラーの四葉さんが行う『カラダアプローチ』って、一体どんなものか知りたい!」

一言でお答えするのが難しかったので、
分かりやすくお伝えしようと、
考えを整理してみました。

すると、大きく分けて、
さらに以下の
「3つのアプローチ」

行っていることが分かりました。

【1】心理教育。まずはカラダの安定化!

「そもそも論」や「健康論」として、
カラダの状態を安定させることの重要性と、
そのケアについてお伝えする。

【2】カラダを観察、カラダを調整。

セッション中、常にクライアントさんの
「カラダの様子」(特に自律神経の状態)
を観察して、
セッションが安全で、
一番効果的な範囲で進むよう、
声かけや調整を行う。

【3】カラダや五感を使った体験型ワーク

クライアントさんの問題解決に役立つ、
トラウマや 未完了の欲求、
衝動エネルギー、感情エネルギー
などを、クライアントさんのカラダ(無意識)の反応から捉える。

そして、それらが解放・完了できるように、
カラダや五感を使った体験型ワークを展開していく。
(いわゆるSE™療法ゲシュタルト・セラピー

それぞれの内容について、
これから1つずつ、
詳しく説明していきますね。

では、長くなってきたので、
今日はここまで。

最後までお読みいただき、
ありがとうございます。

【アイバランス 3つのカラダアプローチ】
※全体の概要はこちら本記事
【1】 心理教育。まずはカラダの安定化!
【2】 カラダを観察、カラダを調整。
【3】 カラダや五感を使った体験型ワーク

アイバランス四葉

アイバランス四葉

まずは自分をととのえる。アイバランス四葉です。公認心理師、シニア産業カウンセラー、トラウマ療法「SE」認定プラクティショナーです。

特集記事

コメント

この記事へのコメントはありません。

CAPTCHA


アイバランス四葉

アイバランス四葉

まずは自分をととのえる。アイバランス四葉です。公認心理師、シニア産業カウンセラー、トラウマ療法SE認定プラクティショナーです。

TOP