「聴く」とは何なのか、ということに神経を集中している。
もうすぐ、ママイキマスターとして「聴く」のレクチャーを
するからだ。
 
ママイキマスター
  ・・・「ママイキ」を山崎洋実コーチと一緒に拡げる、
    認定弟子? 認定講師?のようなもの。

ママイキについてはこちら↓             
      

ママ向けに「聴く」なんていうと、
すぐに、「子供の話をちゃんと聴きましょう。」なんて
お決まりの文句が出てきそう。

もちろん、子供の声、子供の言葉をちゃんと聴いてあげる
ことは大切なんだけど、
一番大切にしたいのは、自分自身の声だ。
自分自身の、正直な感覚や感情に、耳を済ませることだ。

テレビやラジオや外野の声ばかりの環境にいると、
自分の内なる声が、聞こえなくなってしまう。
マスコミや他人の、商業主義、理想主義、無責任な言葉が、
あたかも自分の考えであるかのように、洗脳されてしまう。

それから、時間や情報に追われていると、
急き立てられるだけで、もっと基本の大事な感覚
忘れてしまう。

テレビを消し、
「こうすべき」「ああすべき」の理想をちょっと置いておいて、
「あれやらなきゃ」「これやらなきゃ」もひとまず保留。
天気のいい午後、すっかり春めいた庭に出てみた。

風にふれ、
土にふれ、
花に水をやり、
お日様の光を浴びていると、
何だか心が癒されていく。

そして、雑多なものを解放すると、
ようやく 自分の内なる声が 聞こえて来る。
本当に大事なことって何だろう。
私の心や身体が、本当に求めているものは何だろう。

自分の感情や心の声を聞けない人は、
他人の言葉に、本当の意味で、耳を傾けることができない。
「聴く」って、理想も建前も評価の気持ちもみんな置いておいて、
心を空っぽにして、相手の感情を受けとめる行為だもの。

自分が、自分を大切にしている余裕や自信がないと、
心の安定がないと、
相手の感情をそのままに受けとめる「聴く」は、なかなか
できないことだと思う。

何事も、まずは自分からはじまるもの。

まずは自分の声を聴くこと。
自分の感情や思いを見つめること。
そうして受けとめること。
 
そこから はじめたい。

雑多なものに いつもいつも振り回されていては、
自分の内なる声が、聞こえない。
たまには、意識して雑多なものを遠ざけよう。
そうして、内なるものに 耳を済ませよう。