【14】必死にもぎ取った大学進学

「努力すれば、叶わないことはない。」
良くも悪くも
その信念を私に植え付けたのは、
この大学進学エピソード。

私の人生を大きく変えた大学進学。

今回書くこの「大学進学エピソード」は、
私の人生に、さまざまな影響を与えました。
まず、私に 次のような信念を与えました。

努力すれば、叶わない事はない。
だから、一生懸命 努力すべきだ。

これは、私の人生を励ます「強み」になりました。
だからこれまで、
いろいろなことを頑張ってこれました。

一方で、後の「苦しみの原因」
にもなりました。

自分が母親となった時、
子育てをこじらせる原因となりました。
(このことは、四葉ストーリーが”子育て編”になってから、詳しく書きたいと思います。)

そんな、強みも苦しみも与える原因となったのが、
この「大学進学」の時の経験だったんです。

必死にもぎ取った大学進学

私の大学進学は、
本当に頑張って頑張って、
もぎ取ったもの
でした。

こちらの記事↓にも書きましたが、

私は大好きな演劇に携わり、しかも食っていける職業に就くため、
「学校の教員になって、演劇部の顧問という形で演劇に携わる」。
そんな夢、目標を持っていました。

だから、
どうしても教員養成の大学に行きたかったのです。

しかし、経済的理由から、
「大学進学自体」を親に反対されました。

私は高校でも成績が良く、
学年1位をとったこともあるのですが、

「なまじ勉強ができると、大学に行きたいなんて言うから困っちゃうよな。」
「高校出れば十分。女にそこまでの学歴は必要ない。」

そんな言い方までされました。

だけど、高校進学の時の悔しい思いは、
もう二度としたくなかった。
もう、自分の思いや夢を諦める事はしたくなかったんです。

そこで私は、約2年間(高校3年まで)をかけて、
必死に、親に説得と交渉
を続けました。

そのことで喧嘩になったり、
泣きながら訴えたりしたこともあります。

「地元の国立大学1本で勝負するから。私立は受験もしない。現役合格しか考えない。もし落ちたら、滑り止めで受験する”公務員”になるから。」

「大学には、奨学金とバイト代で行く。授業料免除も申請する。もちろん、受験のために、塾にも予備校にも行かない。自力で頑張る。」

「だから、挑戦させてほしい。大学受験させてほしい。」

そうやって一生懸命訴え続けて、
ようやく、大学受験の許可を得たのです。

必死に頑張った受験勉強

受験勉強は、もちろん頑張りました。
受験は本命1本勝負、
現役合格しか許されない
わけですから、
とにかく頑張るしかないわけです。

しかも模試の結果は、
いつもだいたいC判定D判定
国立なので五教科受験でしたし、
受かるかどうか、正直分からないくらいの成績でした。

そんな訳で、高3になり部活を引退してからは、
一日10時間位は勉強していました。
後にも先にも、あんなに勉強を頑張った時期はありませんでした。

でも今思うと、そこまでギリギリに追い込まれる状況だったのは、
かえって、良かったのかもしれません。

とにかく頑張るしかない。
落ちたら就職。
大学進学も、夢も叶えられない。

だからこそ、あんなに必死に、頑張れたのだと思います。

本番は最高の成績! 無事合格!

そうやって臨んだ、センター試験。
これまでで、最高の成績を取ることができました。

国語は181点/200点。
他の教科も、数学を除くと8割くらいの点数を取ることができました。

二次試験の小論文もなんとか突破し、
無事、茨城大学教育学部に合格
することができました。

本気になって、一生懸命努力すれば、
結果はちゃんと付いてくる。
努力すれば、叶わないことなんてない!

そう強く刻まれた出来事でした。

頑張れば、周りの人も応援してくれる。

これは、高校を卒業してから知ったことですが…。
高校生当時は、自分のことで精一杯で、
全く気がついていなかったのですが、
高校の先生たちも、私のことを応援してくれていたそうです。

高校ではアルバイト禁止だったのですが、
私は高一からずっと、ロッテリアでアルバイトをしていました。
どうやら、学校の先生はそれを知っていたようなんですが、
見逃してくれていたそうです。

また、大学受験が特殊な形(滑り止めの大学受験を一切しない)の私を
陰ながら応援してくれていた
そうです。

大学合格が決まったのが高校卒業後だったので、
当時の私は、大学合格の報告を高校側にちゃんとしないという、
失礼をしてしまいました。

ですが、私に小論文の指導もしてくれた古典の先生が、
私の大学合格の知らせを確認して、職員室で、泣いて喜んでくれていた
という話を後から聞きました。

今思うと、そこまで私に心を寄せてくれた先生がいたなんて、涙が出てきます。
私が一生懸命頑張っていたことをわかってくれていて、
そうやって応援してくれていた
んだなと、
本当にありがたい気持ちでいっぱいになります。

武勇伝が、強みにも、苦しみにも。

・・・このように書いてくると、
わたしの大学進学エピソードは、
いわゆる成功体験というか、武勇伝ですよね。

ですが、この武勇伝から刻まれた、次の信念。

努力すれば、叶わない事はない。
だから、一生懸命 努力すべきだ。

これが、先にも書いたように、
後の私には、
強みにも、苦しみにもなってしまうのです。

なお、私のようなケースも含めて、
その人の人生に大きな影響を与える
「進学エピソード」または「進学トラウマ」は、
実は、意外と多い話です。

これまでも、カウンセリングの場で、
いろいろな進学にまつわる思いを伺ってきました。

次回、「意外と多い進学トラウマ」について、
書いてみたいと思います。

 

アイバランス四葉

アイバランス四葉

まずは自分をととのえる。アイバランス四葉です。公認心理師、シニア産業カウンセラー、トラウマ療法「SE」認定プラクティショナーです。

コメント

この記事へのコメントはありません。

CAPTCHA


アイバランス四葉

アイバランス四葉

まずは自分をととのえる。アイバランス四葉です。公認心理師、シニア産業カウンセラー、トラウマ療法SE認定プラクティショナーです。

TOP