アファーメーション? なんじゃそれ? 
・・・と昨年12月には思っていました。知らなかったんです。
それまで、「アファーメーション」なる言葉を。

でも、今回わたしがやっている野口さんのセルフコーチング
プログラムに、「アファーメーション」のことが書いてあって、
ふんふん、なるほどなるほど、と思ったものですから、
こちらのブログでも、紹介させてもらおうと思います。

==========================
鏡の法則の野口さんが作った、
3ヶ月のセルフコーチング
プログラム
。それの記録を綴ったIKUJIコーチング企画は、
こちらで連載しています。 興味がある方は見て下さいね♪
毎回、すごく勉強になってますヨ。
==========================

以下、アファーメーションについての内容です。

================================
【35】潜在意識のパワーを最大限に引き出す「アファーメーション」!

▼野口さんの記事はこちら
  http://coaching.livedoor.biz/archives/16044148.html
=================================

<覚書&感想>
潜在意識の力は強大!それは、今まで勉強してきた通り。
潜在意識のパワーを上手く活用して、夢や目標が叶う、幸せな人生を歩もう!

そのためには、潜在意識に「物事がプラスにいくような」イメージや習慣を
刻み付けた方がいい。よくないイメージや習慣は、少しでも矯正した方がいい

でも、潜在意識(無意識)に定着して、習慣と化したイメージや考え方は、
頭(顕在意識)で 「今日から前向きになろう!」とか「自分はできる!」
と思っただけでは簡単に変えられない。一時的に前向きになっても、すぐに
習慣的な考え方に戻ってしまう。
 ("ビリーフ"、"セルフイメージ"についても参照。)

そこで、潜在意識に刻み込まれた習慣的な思考・イメージを、書き換える
ために、「繰り返し」「反復して」、アプローチすることが必要になってくる。

潜在意識を確実に変えていく、有効なアプローチが2つ。

1、アファーメーション (自分自身に行う、肯定的な自己宣言。)
2、ビジュアリゼーション (宝地図などでのイメージ化、感覚化。)

1,2を繰り返し、反復していくことは、確実に潜在意識にプラスな
イメージを刻みつけてくれる。
今回の記事では、そのアファーメーションについて言及。

【自分のアファーメーションを考えよう!】

(1)まず、「どんな自分になりたいか?」「何を実現したいか?」を考える。

(2)次に、「そのために必要な考え方は何か?」あるいは「それを妨げて
   いる考え方は何か?」を考え、必要な考え方を強化するか、
   もしくは、妨げとなる考え方を緩和するような文章を考える。

(3)アファーメーションの文章を作る。
  
ポイントは以下の通り。
 
※1.肯定的な表現を使う 
     →潜在意識は、打ち消しの言葉などは理解できない。
      言葉や表現が発するイメージそのものを受け取ってしまう。
      (例:グチを言わない。→グチというイメージそのものを捉えて
         しまう。だから、このような表現は適さない。)

※2.「~になる」という表現はしない
     →例:「お金持ちになる。お金持ちになりたい。」
     →潜在意識は、「今はお金持ちでない自分」をイメージし、それを
      維持しようと働いてしまう。
     →潜在意識は、すべて現在のこととして受け取り、また、現在を
      維持するように働くもの。
     →だから、「~である。」「~をする。」という表現がよい。
     →現在進行形「~になり続けている。」もOK!

※3.主語は「私」
     →他人を主語にしない。他人と過去は変えられないが、
      自分と未来は変えられるから。
     →他人を主語にしなければ、
      「すべてはうまくいっている。」「人生はすべて学びだ。」
      などもOK!

※4.座右の銘、自分の好きな言葉、尊敬する人の言葉などから
   アファーメーションの文章を考えるのも有効。

(4)アファーメーションの文章を考えたら、特に夜寝る前と、朝起きた
  直後に、10回とか20回とか決めて、毎日繰り返し宣言する。

(5)アファーメーションの言葉をカードや手帳に書いたり、目につくところに
  貼ったり、いろいろな工夫をして、とにかく潜在意識に刷り込んでいく。

楽しい工夫も大事。
ここで1つ、野口さんから 楽しいアファーメーションの例が。

<ピンチな状況になった時の、アファーメーション>

♪雨、雨、ふれふれ~のメロディーで、
  「ピチピチ、チャプチャプ、ランランラン」の所をもじって、
  下のように唱える。

 「 ピンチピンチ チャンスチャンス ランランラン♪ 」
 

これは、言葉+音楽+ユーモアのトリプル効果ということらしい。
うーん、素晴らしい!
私も今度、ピンチになったら使ってみよう。

そして、近いうちに 自分のアファーメーションを作ります!