最近、カウンセリングさせてもらったり、友達の悩みを 聞いたりして、つくづく感じている。

「感情」も、排泄しないと大変なことになる!

「排泄」なんて言い方は、抵抗あるかも知れないけど、 抱いている感情によっては、「排泄」という言葉の方が
ぴったり来る時もあるかも知れない。

先日、看護師をやっている友達と、「排泄」の大切さについて 熱く語り合った。

彼女が看ていた、ある患者さん(お婆ちゃん)は、いつも あまり食事を口にしなかったのだそうだ。でも、少しは 食べているはずなのに、全く便をしない。 食べているもの はあるはずなのに、それらはどこに行ってしまったんだろう・・・。

彼女も、ずっと気にして声は掛けていたようなんだけれど、 そんな状態が一ヶ月近くも経って、これはマズイということで、
浣腸などの処理をしたらしい。

そうしたら・・・!
やっぱり、ものすごい量の便が、お腹に溜まっていたのだそうだ。
そしてその後、今までろくに食べられなかった食事を、その患者 さんは しっかり食べられるようになったのだと言っていた。

「出さなきゃ入らない。」

それを、目の当たりにして改めて実感したと、彼女は言っていた。
本当にそうだな、と思う。

 

そして感情も。

感情って、ふたをしたり、抑えつけようとしたりすると、
腹や胸の中で、ぐるぐるになって、増幅、膨張していく 気がする。

認めたくない感情って確かにあるけれど。
例えば、嫉妬とか、怒りとか、恨む感情とか・・・。

でも、そういう感情が起きているのに、それを認めようとしないで、 無理やり抑えつけようとすることは、何の解決にも解消にもならない。 抑えつけようとすればするほど、パンパンになって、苦しくなってしまう。

 

感情が起きること自体は、全然悪いことじゃないのに。

ただ、その感情の「表し方」を、考えればいいだけのこと なのに。

人にぶつけたり、一気に爆発させたりが好ましくないことはもちろんあるけれど、そうではなくて、日記や紙に書きなぐる
とか、誰もいない所で口に出すとか、そんな「出し方」だったら、別に誰も非難しない。 非難するのは自分自身だけだ。

自分の中に、溜めて溜めて、ふたをしている感情があったりしたら、他の人の弱さや感情を受け入れる余裕なんて、
全然空かないかも知れない。
 ほんと いっぱいいっぱいで それどころじゃないよね。

そして、普段の生活の中で、抑えている感情を刺激されるようなことが起きると、過剰なほどの反応をしてしまう、というのは、 そのためなんだろう。
すでに、いっぱいいっぱいの風船のような状態になっているから。

 

だから、ガス抜きしたり、排出したりすることは、本当に大切だ

出せば、ラクになることも多いんだから。
出せば、別のものが入ってくる、スペースが空くのだから。

汚いと思う感情も 認める。

そして、上手に排泄する。

私たちは人間なんだから、綺麗なだけなんてあり得ない。
排泄しないなんて、あり得ない。