■私も、厳しくなる時があります。

人から見る私のイメージは、
まず最初が、「まじめ」「しっかりしている」。
次に、「癒される」「優しい」・・・のようです。
(自分で書くの、ちょっと恥ずかしいのですが。(^^;))

特に私は、カウンセリングをやっていたり、講座でお母さんたちに
「受けとめることの大切さ」(承認)、「自分も他人も認めることの
大切さ」などをうたっているから、余計そう感じるのでしょう。

「バランスさんは、"承認"ということを最も大切にしている、
 母性愛を目指している人」

・・・そのように取られるのでしょうね。

確かにそれは、間違ってはいません。
(基本的には、その方向を目指しています。)

ですが、何事も、やっぱり「バランス」です。

母性も必要ですが、父性も必要な時があるのです。
("母・父"ではなく、"母性・父性"です。)

こんな私だって、必要な時や必要な場面には、あえて厳しくなったり、
一見"無情"なような行動をとることがあります。

最近行った グループ・カウンセリングの場でも、
あるお母さんに対して、私は厳しい口調で、厳しい言葉を
かけてしまう場面がありました。

そのお母さんとは、個人カウンセリングでも半年以上のお付き合いが
あって、ずっと、同じ事から逃げていることが よく分かっていたので、
あえてその場面では、それを指摘し、責めるような言葉をかけて
しまいました。

でも、間違った行動だとは思っていません。
周りにいた人たちは、私がいつものイメージと違う態度をとったので、
驚いた (@_@;) ようですが。

けど逆に言えば、周りにフォローしてくれる人がいたからこそ、
私は安心して、そのような役割を果たすことができました。
そもそも彼女には、そのような厳しい言葉をかけてくれる人も、
必要だったのです。彼女の切羽詰まった状況を考えると、
一刻も早く行動を起こすために、承認よりも、「厳しい言葉」が
必要だと、私は判断しました。

実際彼女には、
「(厳しい言葉で)言ってもらってよかった。」

そう言ってもらうことができました。
逃げているだけでは解決しないこと。もう、行動を起こさなくては
いけないこと。その現実に向き合う覚悟が、やっと少し、
ついたようです。

ちなみに、このブログで何度か話題に出している長男(笑)にも、
最近、そのような対応をする場面がありました。

この時は、4歳の長女にまで連帯責任をとらせるような形になって
しまい、そのことは、彼女に本当に申し訳ないと思ったのですが、
でも、私なりに一生懸命説明して、長男のためにと、何とか
協力してもらいました。

・・・そちらの話は長くなってしまいそうなので、
また次の記事で書きますね。(^^)