【5】「私は可愛くない」のセルフイメージ

心理カウンセラーの
四葉凛子(よつば・りんこ)です。
自分の生い立ちを振り返る、
クローバー四葉ストーリークローバーを書いています。

子育てに悩むお母さん。
生きづらさを抱える人。

そんな人たちに、少しでも役立つ情報が書ければと願い、書いていきます。

クローバー四葉ストーリーの記事一覧はこちら
 

 

「私は可愛くない」のセルフイメージ

 

私は幼稚園生の頃から、
少なくとも、中学卒業の頃まで、
次のようなセルフイメージ
持っていました。
 

◆私は、可愛くない。

◆私は、見た目では勝負できない。

そんな思い込みを持った原因として、
大きく思い当たるのは、
次の3つです。

 

 

【1】七五三の写真が、自分で見ても、実際に可愛くなかった。それを、たしか親にも言われた。

【2】普段の何気ない会話で、母の言葉に、「あなたの見た目はそれほど可愛くない」というメッセージを感じていた。

【3】ずっと、長い髪をトレードマークとして気に入っていたのに、小5の時、親の強制で、髪型をショートカットにさせられた。それ以来、同級生の男の子たちに「ブス」と からかわれるようになった。

周りの影響とか、思い込みって怖いですよね。

今になって思えば、それほど決定的な、大袈裟な出来事ではありません。

ですが、上のような出来事が何回も重なると、
「あー 私は あんまり可愛くないんだな」
と思い込んでしまうものです。
 

長い髪を切りたくなかったのに!

上の3つの中から、【3】のエピソードだけ、少し触れますね。

小学2年生まで、私は
長く伸ばした髪の毛と、
それを三つ編みにしてもらうのが、
お気に入りでした。

▼小学2年生の頃。かなり長いですよね。

当時の私は、
それが自分のトレードマーク
思っていたのですが、
小学3年生の頃から、母にしつこく、
髪を切るように迫られたんですよね…。

母も、毎朝 娘の髪をしばるのが、
面倒臭かったのかも知れません。

ですが、大人になってからよくよく聞いてみると、どうやら
学校の先生が母に、
「髪が長すぎるから切ったほうがいい」と

言ってきたらしいです。

それで、小学4年生になった時、
じゃあ、肩ぐらいまでなら。
2つに縛ることは出来るし。
・・・と、泣く泣く切ったのです。

だけどその後、それでも長いと言われ…。
5年生になる時には、
なかば無理やり、ショートカットにさせられました

今思うと、髪をちゃんと縛らないとか、
だらしなくしていた、という訳でもないのに、

なんで髪の長さについて、
学校の先生に文句をつけられなくてはいけないのか。
無理やり切られなくてはいけないのか。

やっぱり、納得がいかない思いです。
 

小学高学年からは「ブスな私」に。

小5で、ショートカットの自分をからかわれるようになってからは、私はもう、可愛く見せることを完全に放棄するようになりました。

 

 

次第に、

「私は可愛くない」から「私はブス」に、
完全に移行していましたね。

「どうせ私ブスだも〜ん!」みたいな、
開き直り
に舵を切ってしまいました。

▼ショートカットのわたし

小6の時、そんな「ブスな私」は、ふざけて友達と下品ネタをやったこともありました。すると、好きだった男の子が、見下すような、突き放すような言い方で、

「あいつら、バカだからほっとけ」。

平気なふりをしつつ、密かに傷ついていたことを思い出します。

そんな感じが、大なり小なり、中学3年生まで続いていきました。

▼中学生のわたし

 

「私はブス」の呪いを解いてくれた同級生

だけどですね。
私が中学を卒業する時
本当に、最後の最後ですね。

卒業前って、お互いのプロフィールやお別れのメッセージを書き合う「寄せ書き帳の交換」みたいなこと、しませんでしたか?

今だったら、色紙や卒業アルバムに書く、寄せ書きみたいなものです。

その寄せ書き帳の交換で、
それほど親しかった訳でもない、
同じクラスのS 君が、以下のようなメッセージをくれたんですビックリマーク

 

 

「四葉は、ブスじゃないよ。」

 

ビックリマークビックリマークビックリマーク

もうね、
ものすごい驚きと、喜びでした。

えっ? 私、ブスじゃないの?

「私はブス」という、
呪いのセルフイメージを解いてくれたのは、
間違いなく、あの時。
間違いなく、S君のあの言葉でした

(それにしても、そんな卒業メッセージをもらうほど、私は自分のことを、”ブスブス”言ってたんですかね…。滝汗あせる
今となっては、よく覚えておりません…。)

ともかく私は、
S君にもらった「解放の言葉」を胸に、
その後高校生になってからは少しずつ、
おしゃれにも気を使うように
なりました。

それで少しずつ、
「ブスではないかな」照れくらいに、
思えるようになっていきました。

▼高校生のわたし。
当時は、「W浅野(ゆう子、温子)」さんが流行っていて、前髪を写真みたいに上げるのが、流行っていたのです。

 

 

思い込みの怖さ

親や周りの何気ない言葉。

 

そして、自分はこうだと思ってしまう、
思い込み

本当に、思い込みって怖いと思います。

 

クローバークローバークローバークローバークローバー

ちなみに、
セルフイメージについてはもう一つ。

上の「私は可愛くない」の他に、
小学4年生の頃から持ち始めた、別のものもありました。

 

意外と重要な、この内容。
また後日の記事で!

 

 

投稿者プロフィール
メンタルサポート・アイバランス
 四葉凛子(よつば・りんこ)

・公認心理師。
・トラウマ療法「SE™」
認定プラクティショナー。
・2006年の開業以来、
約1万件の相談に対応。

心の安定に必要なのは、
アタマ、カラダ、ココロのトータル調整。
目の前の問題解決は もちろん、
背景にある「根本原因」に注目し、
アプローチします。

詳しいプロフィールはこちら
カウンセリングのご予約はこちら
お問い合わせはこちら

 

 

四葉凛子(よつばりんこ)

四葉凛子(よつばりんこ)

まずは自分を満たし、ととのえる。アイバランスの四葉凛子です。公認心理師、シニア産業カウンセラー、トラウマ療法SEの認定プラクティショナーです。

関連記事

特集記事

コメント

  1. 中学生のS君は、最高のタイミングで、素晴らしい言葉を、投げ掛けてくれたのですね。
    凛子さんの心のうちを見抜いていたのでしょうか?
    日々、凛子さんを見守ってくれていた男の子
    きっと、あたたかくて人望のある方になっているのではないでしょうか?
    S君の言葉を上手に心に納めた凛子さんも素敵な人になりましたね!

  2. >fuuko20200808さん
    いつもコメントを頂き、嬉しいです!
    ありがとうございます。
    ≫中学生のS君は、最高のタイミングで、
    ≫素晴らしい言葉を、投げ掛けてくれたのですね。
    本当にそうですよね!
    そんなに目立つタイプでもなく、でもマジメな性格の彼が、卒業というタイミングで そんなメッセージをくれたから、私にとっては、すごいインパクトだったんですよね。
    彼には本当に感謝です!
    (それにしても、30年以上経って、自分がアメブロで話題になっているとは、思いもしていないでしょうが…。(^^;))
    ≫S君の言葉を上手に心に納めた凛子さんも素敵な人になりましたね!
    上手に納めたかは分からないですが、(^^;) 32年ぶりに、彼への感謝の気持ちは復活しました。
    S君、ありがとう~!!! 機会があったら、ぜひ直接お礼を言いたいなぁ。

CAPTCHA


TOP