2006年10月に起業して、丸10年
長いような短いような、あっという間の10年間でした。
教員という仕事を辞めたのも、起業したのも、ひとえに、

「仕事と家庭とわたし。納得がいく、バランスの取れた生き方がしたい。」

という思いからでした。

特に今年2016年は、年初の目標に「ライフバランス」を掲げたくらい、仕事と家庭と自分自身、その”ワークライフバランス”を意識して過ごしてきました。

 

そして・・・

今年1年は、だいぶ達成できたんじゃないかな。

10年目にして、ようやく「自分なりの 仕事の形」。「自分なりの ワークライフバランス」を 構築できたんじゃないか。

自分で言うのもなんですが、そんな風に感じています。

▼今年11月に、駐車場脇に新しく設置した看板。
カウンセリングルーム i Balance

 

2016年、カウンセリング業の総括

今年2016年は、カウンセリング業でこんな感じでした。

【1】延べ922名のお客様に対応させていただきました。
【2】タッチセラピーも提供するようになりました。
【3】個人営業の限界も感じました。


【1】延べ922名のお客様に対応させていただきました。

月6日勤務している、(株)クボタでの対応人数も含みますが、今年1年で、延べ922名のお客様に、個人カウンセリングを提供させていただきました。(延べ人数なので、1人のお客様を5回セッションしたら、5人とカウントしていますけどね。(^^;))

これは、10年間で最大の人数です。

今年2月より、自営業でお引き受けしているお客様の人数を、1日3枠から1日4枠に変更したことも大きいと思います。そしてこの「1日4枠」が、個人営業でやっている私のキャパとして、また私のスタイルとして、適正なように感じています。

確かに、もう少し時間を詰めれば、1日5枠とか6枠とか、もう少し多くのお客様に対応することができます。でも、スケジュールがギチギチになっていて、余裕のない時間設定になっているのは、私が好きではありません。お客様に、安心・安定のカウンセリングを提供するためには、何よりも、カウンセラーである私自身に余裕をつくって、安定させておきたいのです。

そして私にとって外せないのが、上に書いた「ワークライフバランス」。
9時より仕事の準備をして、10時から17時半頃まで営業。その後、19時までには夕飯の支度ができる。
子どもや家庭をもつ主婦として、できれば、このリズムは崩したくないと思っています。

そうやって、「無理をしない、余裕を残したスケジューリング」にしておくことが、長続きする秘訣にもなるし、きっと、お客様に還元できている部分もあるはずと信じています。

カウンセリングルーム i Balance

 

【2】タッチセラピーも提供するようになりました。

 

2016年2月から、希望してくださった一部のお客様のみですが、「タッチセラピー・セッション」も提供させていただいています。

健康とかメンタルヘルスとか、勉強すればするほど、「身体へのアプローチ」を無視できなくなってきたからです。お客様のタイプやケースにもよるのですが、なかなか好評をいただいていると感じています。

また今年は、専門医のもとでのホリスティック医学連続講座(10回)や、有名な先生のもとでの整体の基礎的勉強(実習含む)もさせていただきました。

アタマ、カラダ、ココロのバランス。その関連性や相互作用は、本当に重要で外せません。

今後も、様々な勉強をしながら、多面的にお客様をみられる自分を目指したいです。

▼タッチセラピーを提供している、第2カウンセリングルームです。


【3】個人営業の限界も感じました。

起業して10年、初めてのことだと思うのですが、年末に、自分の体調不良による日程変更を、お客様にお願いする事態が起きてしまいました・・・。

自分の健康管理、セルフケアには、だいぶ気を遣ってきたつもりだったのです。
なんせ、私1人での個人営業ですし、お客様にはご予約を入れてもらって、待ってもらっている訳ですし。

この10年、風邪をひいたり体調を崩したりすることがなかった訳ではありません。ただ、少し調子悪いなと思ったら、夜は早めに寝たり、あるいは薬を飲んだりして、仕事にはほとんど影響ない程度に、乗り切ってこれたんです・・・。 あとは、上手いこと?、休みの日に体調を崩して、その日1日寝ることで、ほとんど治ってしまったり。

なので、今回のことはちょっとショックでした。いくらセルフケアに努めても、限界はあるんだな~と。(考えてみれば当たり前のことなんですが…。(^^;))

でも、「ありえない」「申し訳ない」、変更をお願いしてしまったお客様たちは、皆さん、とても優しかったです。快く了承してくださり、変更、調整のご協力をしてくださいました。(本当にありがとうございました!)

それにしても、個人営業の限界ですよね・・・。

上で書いた、スケジューリングやお客様の受け入れ数などで余裕を作っておき、自分もセルフケアに努める。それらの予防策をしっかりした上で、でも、限界はある。不測の事態はあることを、認識しておかないといけないなぁ・・・と感じました。

事務的な部分なら、多少は、外部や機械に頼ることができるんですけどね。

私の場合は、予約の受付対応については、WEBの予約システムやメールシステムを利用したり、また、経理関係は、毎月のまとめと確定申告を税理士さんにお願いしたり。あと、WEBサイトのシステム的なメンテナンス、困ったときの対応も含めて、それも、専門の業者さんにお願いしています。

だけど、全部丸投げできる訳ではなく、やはり日々の細かい入力とか、記録とか、更新とか、細かい事務作業は、結構あるんですよね~。

それらの事務作業を考えても、やっぱり、私個人の個人営業で対応できる「規模」は、今くらいが限界かなと、正直感じます。これ以上になると、上に書いた”ワークライフバランス”や ”自分の余裕”を、担保できない気がします。


今年2016年は、起業して丸10年経ち、そんな総括的なことを実感する年となりました。

それから、ライフバランスを意識するあまり、講座や情報発信などの「アウトプット」があまり出来なかったことも、課題だなと思っています。

来年、2017年は、上のようなことを踏まえた上で、何らかの「アウトプット」が もう少し出来る年にしたいです。

最後になりましたが、2016年、お世話になった皆様、i Balanceをご利用いただいたお客様、そして、いつも支えてくれている家族や仲間の皆さん、本当にありがとうございました。

来年も、どうぞよろしくお願い申し上げます。

 

▼ありがとう!2016年!!