自己受容のために。「フォーカシング」という心理手法。

鏡の法則、野口さんの記事を読んでいると、勉強になることや
興味を引かれる内容が、よく出てくる。

今回は、これが気になった。

「フォーカシング」 
  自己受容するために、この心理手法も、非常に効果的らしい。
   フォーカシングは、ユージン・ジェンドリン博士が開発した手法で、
   身体感覚に焦点をあてながら、自分の心からのメッセージを
   聞き取る方法のこと。

※「自己受容」については、野口さんのこちらの記事が参考になります。

野口さんおすすめの、フォーカシング入門書がコレ。

心のメッセージを聴く―実感が語る心理学

心のメッセージを聴く―実感が語る心理学
池見 陽

講談社 1995-03
売り上げランキング : 39295

おすすめ平均

「実感」が、気づき、自己成長のもととする、心が温かくなる本

入門書として。

Amazonで詳しく見るbyG-Tools

心と身体の関係って、バランスにこだわる私には、かなり
気になるところ。

読んでみよう、今度。
気付きがあったら、またHPで紹介します!

自己受容のために。「フォーカシング」という心理手法。” に対して1件のコメントがあります。

  1. nana より:

    はじめまして。
    フォーカシング関連のブログを書いております、nanaと申します。
    フォーカシングに関心を持ってくださり、嬉しいです(*^^*)。
    本やWSの情報などを載せておりますので、ご訪問くだされば、幸甚ですm(_._)m。

  2. 子育てママの共感メンタルサポーター@バランス より:

    nanaさん、コメントありがとうございます。
    HP、拝見しました~。
    私は「フォーカシング」という言葉すら最近はじめて知ったのですが、奥が深そうですね。
    あとで、じっくり拝見させて頂きます。
    興味を持った方のために、nanaさんのHPはこちら↓です。
        
        http://blog.livedoor.jp/pca_nana/

  3. nana より:

    早速のご訪問、ありがとうございます!
    子育て関連では、こんな本があります(^^)
    小山 孝子著『わかる子どもの心と保育?からだの実感を手がかりに』
    フレーベル館 2006.7 ¥1,890
    <出版社/著者からの内容紹介>
    遊びながら学ぼう/フェルトセンスを確かめよう/子どもの立場と大人の立場/
    まるごと受けとめる/自分自身を受けとめる
    →http://www.amazon.co.jp/%E3%82%8F%E3%81%8B%E3%82%8B%E5%AD%90%E3%81%A9%E3%82%82%E3%81%AE%E5%BF%83%E3%81%A8%E4%BF%9D%E8%82%B2%E2%80%95%E3%81%8B%E3%82%89%E3%81%A0%E3%81%AE%E5%AE%9F%E6%84%9F%E3%82%92%E6%89%8B%E3%81%8C%E3%81%8B%E3%82%8A%E3%81%AB-%E5%B0%8F%E5%B1%B1-%E5%AD%9D%E5%AD%90/dp/4577811863/sr=1-9/qid=1171212201/ref=sr_1_9/249-5516713-6761929?ie=UTF8&s=books
    今後ともよろしくお願いいたします。

コメントを残す