【79】【80】人間関係で成功する鍵は何か?自己受容について


【79】【80】人間関係で成功する鍵は何か?自己受容について

今回の【79】~【80】の内容は、「自己受容」の内容になりますね。

私にとっても、大事なキーワードである、「自己受容」。
こちらの記事でも、触れています。よろしければ、あわせてお読み下さい。


<自己受容>
【79】人間関係で成功する鍵は何か?そのシンプルな法則とは?(1)
【80】人間関係で成功する鍵は何か?そのシンプルな法則とは?(2)

▼今回の記事
(1)http://coaching.livedoor.biz/archives/13140072.html
(2)http://coaching.livedoor.biz/archives/13215003.html


 自分を受容する」ということについては、しっかりと整理&復習したいので、
今回は回答をひとつにまとめ、いつもとちょっと違う形式でまとめました。

今回は、
・ストレスを抱えた真面目なママ・・・
・時々そうなってしまう、自分自身・・・
に向けて、メッセージを送るつもりで、まとめてみます。
自己受容
<自分を受けいれていないママへ>
子供を受けいれたいのなら、まずは自分を受けいれて下さい。
誰かに自分を受けいれてもらいたいのなら、
まずは、自分で自分を 受けいれてあげて下さい。

「私はいい母親じゃない。」
「子供のことを、いつも怒ってしまう。」
「いつもイライラしている。」
「あれもやらなきゃ、これもやらなきゃ。
・・・でも出来ていない。
私ってダメな母親だ・・・。」

こんなことを つぶやいているのなら、
とても、自分を受けいれている状態とは言えません。

自己嫌悪、自己否定・・・。
自分を許せない人は、本当の意味で、他人を許すこともできないのです。

自分の受け止め方には、大きく3つがあります。 

  • 自己否定。
  • 自己受容。
  • 自己肯定。

そして、「自己受容」と「自己肯定」は、実は違います。
野口さんはこう言います。

>自己受容とは、「ありのままの自分を、いいも悪いもなく、そのまま
>認めて受け入れること」です。
自己受容
例えとして野口さんは、自分が内向的な性格であることを、
ダメだと思っている母親の例
を出しています。

彼女には3人の娘がいるのですが、外交的な長女と次女には、
比較的おだやかに、のびのびと育てることができているのに、
なぜか内向的な三女には、口やかましく、きつく当たってしまうのだそうです。
これは心理学的に考えると、「自己受容」の問題なのだそうです。

この女性が、自分が内向的であることを受け入れていないので、
自分同様に内向的な三女が許せない
状態でいるのです。

では、内向的な自分を、無理に肯定すればいいのでしょうか?
「内向的なことはいいことだ。内向的な自分は素晴らしい。」

・・・これには無理があります。
だって、自分は内向的な自分を素晴らしいと思っていないのですから。
いやだと思っているのですから。

改めて。
自己肯定」と「自己受容」は違うのです。
内向的な自分を、いいも悪いもなく、ただ受けとめる。
「自分は内向的な性格なんだよな。」とあるがままに抱きしめる。
「そんな自分が、いやなんだよな。」そう思っている自分の感情を、
ありのままに受けとめる。

――それが、自己受容です。
自己受容
もし、自分のことが好きになれない人がいるとしたら、
すぐに、自分のことを好きになるのは無理なことかも知れません。
でも、そんな自分を、「自分は今、自分のことを好きになれないんだよな。」と
ありのままを認める
ことはできます。
自分を好きになれない自分を許してあげることはできます。

そして、このような「自己受容」ができてくると、
次第に、自分のことを好きにもなってくるのです。
そして、他人のことも、他人の至らない部分も、受けいれられる自分になっていきます。

「自分が自分を受けいれているかどうか」と、
「他人のことをどれくらい受け入れられるか」は、正比例するのだそうです。
つまり、「自己受容と他者受容は正比例する」――。
心理学的に、説明できるのだそうです。

完璧にできていない、自分を責めていませんか?
自分の欠点や 子供の欠点ばかりに目を向けて、イライラしていませんか?

自分に対して、妥協するのでも、あきらめるのでもなく。
かといって、傲慢になったり、自己中心的になったりするのでもなく。
事実や感情を、ありのままに認め、受けとめてみませんか?

自己受容ができれば、子供や他人に対しても、
自然と受け入れ、優しくなる
ことができます。
自己受容ができれば、現在の自分としっかり向き合うことができ、
地に足がついた状態で、将来への向上心を持つ
こともできます。
全ては、まずは、自分との関係から始まるのです

あなたは、自分を責め、「こうすべき」「理想の母親像、育児像」「完璧主義」などから、
否定したり、許せなかったり、していませんか?
まずは、「自分を受け容れる」ことから、始めてみて下さい。
ありのままに、いいも悪いもなく、受けとめてみて下さい。

<野口さんからのオススメ本>

そのままのあなたが素晴らしい―前向き肯定的人生のすすめ

そのままのあなたが素晴らしい―前向き肯定的人生のすすめ
田中 信生ダイヤモンド社 1995-07
売り上げランキング : 316169おすすめ平均自分を受け入れることの大切さ本当に大切なものがみえますホントの意味で自分を愛せる人だけが、
他人を大切にできる人Amazonで詳しく見るbyG-Tools

 

心のメッセージを聴く―実感が語る心理学

心のメッセージを聴く―実感が語る心理学
池見 陽講談社 1995-03
売り上げランキング : 9415おすすめ平均「実感」が、気づき、自己成長のもととする、
心が温かくなる本入門書として。Amazonで詳しく見るbyG-Tools

 

アイバランス四葉

アイバランス四葉

まずは自分をととのえる。アイバランス四葉です。公認心理師、シニア産業カウンセラー、トラウマ療法「SE」認定プラクティショナーです。

コメント

この記事へのコメントはありません。

CAPTCHA


アイバランス四葉

アイバランス四葉

まずは自分をととのえる。アイバランス四葉です。公認心理師、シニア産業カウンセラー、トラウマ療法SE認定プラクティショナーです。

TOP