2007年3月7日

今日もいいことがたくさんあった。

月曜日の朝から壊れていたエコキュート(給湯)が、
2日間の修理でやっと直った。
お湯が出るって、本当にありがたい。
あー よかった!

1週間以上行方不明になっていた車のキーが見つかった。
キーレスの車なのに、キーレスが使えず、(キーレスボタンが
ついている鍵を失くしたから) スペアキーで、がちゃがちゃ
と開け閉めしていた。
今日、やっと見つけた車のキー・・・。 見つかった場所を考えると、
どうにも3歳の長女が怪しいけど・・・。(^^;)

まあ、いいや。見つかったんだから。
あ- よかった!

 

今日もお天気がよかったし、

やることはたくさんあるけど、まあ、少しずつ
頑張っているし、

ダンナ様も子どもたちも元気だし、

何より、何より。

――今までの私は、”理想主義”、”完璧主義”、”欲張り”が
マイナスにも災いしていて、

「あれやってない。これやってない。」
「あれもしたい。これもしたい。」

・・・と、”ないもの”、”マイナスなこと” ばかりに
目が向いていた

「もっと もっと」と 向上心を持つことは大切だけど、
”今あるもの”、”今できていること”、”今満たされているもの”
にも、目を向け、味わうことができないと、
ただの欲求不満になってしまうよね。

ママイキでも教わったね。
人間は、マイナスの方に目が行ってしまうもの だって。
テストで言うなら、80点だった時、できた80点よりも
できなかった20点に目が行っているような感じ。
できた80点を認めてあげればいいのにって。

鏡の法則の野口さんも言っていたね。
検証実験でも、人間は「減点主義」で指導・教育するより、
加点主義」で指導・教育した方が、大きな効果をあげること
が明らかになっていると。 心理学的に、それは事実なんだと。

いい所に目を向けよう。

それは、マイナスや現実を無視する、という そういう訳ではなく。

いい所、できている所に目を向けると、
私も、子どもたちも、嬉しいし、幸せだろうな。
プラスな感覚が、プラスな波長となって、
さらなるプラスなことを、呼び寄せるだろうな。