【51】失敗への怖れにどう対処したらいいか?

【51】失敗への怖れにどう対処したらいいか?


【51】失敗への怖れにどう対処したらいいか?成功と失敗と行動!

▼今回の記事
http://coaching.livedoor.biz/archives/17272177.html


<覚書>

行動できない大きな原因に「失敗への恐れ」もある。

しかし、失敗への恐れや恐怖心は、自然な感情である。
これを取り除こう、取り除いたら行動しようと思う人は多いが、それは難しい。

だから、「失敗を恐れる気持ちを取り除く」ことに努力するよりも、
「失敗を恐れる気持ちを持ちながらも行動する」ことを始めた方がいい。
恐怖心とともに行動するのだ。
これも、「行動から入る形入法」である。

老人と若者のエピソード。
彼女をデートに誘いたい、でも断られたらどうしようと悩む若者に向かって、
老人はこう言う。

「断られることを避けたいなら、誘わなければよい。行動さえしなければ、
断られることもない。しかし、彼女をデートに誘うのなら、
断られるリスクを避けることはできぬのじゃ。」

「その子をデートに誘うことと、緊張しないことと、どっちが大事なんじゃ?」

「ならば、緊張しながら誘えばよい。
震える手で電話をかけ、うわずる声でデートに誘うのじゃ。」

恐れや不安といっしょに行動すれば、前進が始まるのである。

また、「失敗」の本質についてよく考えてみよう。

私たちの心の底に「失敗すべきでない」というビリーフ(信じ込み)があると、
行動が止まってしまう。しかし実際、

人生で失敗をせずに生きることは不可能だ。
失敗することを極力避けようと思えば、「目指さない人生」
「望まない人生」を生きることになってしまう。

逆に、自分を向上させようとしたり、人生の目標達成を目指すそうとするほど、
行動する機会が増え、失敗経験も増えることになる。
そしてその失敗経験から、私達はいろいろな教訓を体験的に学んでいる。

・人生で経験することは2種類しかない。成功する経験と学ぶ経験である。
(アンソニー・ロビンス)

・失敗は存在しない、フィードバックがある(=結果から情報が得られる)のみ
(リチャード・バンドラー)

恐れはあってもいい、人間だもの。(相田みつをさん風に)
その恐れとともに行動しましょう!
恐れとともに行動する勇気を持ちましょう。

<感想>
わたしは、「きちんとできるか」心配になることがある。
それはつまり、”きちんとできないこと”イコール”失敗”と考えている
部分があるのかも知れない。

今のわたしは、昔に比べて、だいぶ行動力がついてきたとは思っている
けれど、きちんとやること(理想、完璧)に縛られて、行動を先延ばしに
してしまうことは、よくある。

きちんとできないことや失敗が怖くて、
本やネット、人から、少しでも知識やアドバイスを得て武装しようとしてしまう。

ある程度は、リスクヘッジの意味でもいいかも知れない。
けれど、あまりにやり過ぎると、増えた知識の分、余計腰が重くなったり、
振り回されたり、時間ばかりが掛かる結果になってしまう。

ある人が、こう言っていた。

「完璧主義には2通りある。完璧にはじめたい人と、完璧に終えたい人。」

完璧にはじめようと思ったら、いつまでたっても、行動が始まらない。
そうこうしているうちに、チャンスすら逃してしまう。

完璧じゃなくていい。
失敗を恐れてもいい。
その恐れとともに、とりあえず行動してみよう!

 

アイバランス四葉

アイバランス四葉

まずは自分をととのえる。アイバランス四葉です。公認心理師、シニア産業カウンセラー、トラウマ療法「SE」認定プラクティショナーです。

コメント

この記事へのコメントはありません。

CAPTCHA


アイバランス四葉

アイバランス四葉

まずは自分をととのえる。アイバランス四葉です。公認心理師、シニア産業カウンセラー、トラウマ療法SE認定プラクティショナーです。

TOP