事実はない。複数の解釈があるだけ。

まずは 自分を ととのえる。
お母さんの メンタルサポート、
アイバランスです。
 
 

事実なんて、ない?

 

 

 

ようやく、3部作となってしまった
「情報との接し方」シリーズ、
記事を書き終えました!

よく、

事実 と 解釈を 分けて考えろ。

などと言われますが、

そもそも、
「事実」なんて
ものはあるのか? 

…という、深い問いです。

・エビデンスがある、
・データがある、
・証拠がある、

…そういうものに「弱い」方に、
(実は私も、弱いんだけど(笑))

ぜひ、オススメしたい内容です。

▼詳しい内容は、こちらのコラム記事で!

 

 

投稿者プロフィール
メンタルサポート・アイバランス
 四葉 凛子 (よつば りんこ)

・公認心理師。
・トラウマ療法「SE™」
認定プラクティショナー。
・2006年の開業以来、
約1万件の相談に対応。

心の安定に必要なのは、
アタマ、カラダ、ココロのトータル調整。
目の前の問題解決は もちろん、
背景にある「根本原因」に注目し、
アプローチします。

詳しいプロフィールはこちら
カウンセリングのご予約はこちら
お問い合わせはこちら

 

 

四葉凛子(よつばりんこ)

四葉凛子(よつばりんこ)

まずは自分を満たし、ととのえる。アイバランスの四葉凛子です。公認心理師、シニア産業カウンセラー、トラウマ療法SEの認定プラクティショナーです。

関連記事

特集記事

コメント

  1. 参考になります。
    ついついエビデンスを求めてしまいます…

  2. >穴占い師アナミルさん
    エビデンスも、1つの目安として大切なんですけどね。(^^;) ただ「絶対」はありませんね。やっぱり。

CAPTCHA


TOP