幸せな育児育自に欠かせないのは、「自己重要感」の貯金。そして、自他ともに「自己重要感」を与えてくれるのは、

「承認」 「肯定的ストローク」。

以下、私の覚書のために、そして どなたかの役に立つ日が来るように、まとめてみました。

【参照】「承認」と「肯定的ストローク」に関する記事

【69】自己重要感を育てる「ストローク」とは? (子育てママ必見)
【81】間違いの指摘より、できたことや存在自体を「承認」してあげる。
【82】「評価」や「条件付き」でなく、対等な立場で承認する。
【83】「Iメッセージ」で承認する。
【84】「プロセス」や「相手の強み」を承認する。
【85】気づいたことを、そのまま伝えて承認する。
【86】相手の「名前」を呼んであげる。「愛している」と伝える。
【87】承認は表現してこそ!表現するための3つのポイント!
【88】「承認」そして「幸せ」の土台になる、3つの力とは?
【89】”承認”で、自他ともに「自己重要残高」を増やそう!

 

★肯定的ストロークの例

  • 微笑みかける
  •  感謝の言葉を伝える
  •  さえぎらずに、じっくり話を聴いてあげる
  •  顔を真っ直ぐに見つめる
  •  ほめる
  •  抱きしめる
  •  腕をスリスリする
  •  キスする
  •  頭をやさしくなでる
  •  握手をする
  •  挨拶をする
  •  信頼してまかせる

★存在承認の例

  • 相手の名前を呼ぶ。名前で呼んでもらう。
  •  相手がやってくれたことに対して、「ありがとう」と感謝の言葉を言う。
  •  相手の話をさえぎらずに、最後まで聴いてあげる。
  •  けんかした時、自分から「ごめんね」と謝る。
  •  「相談に乗ってくれない?」と、相談をもちかける、持ちかけられる。
  •  相手が言ったことを信じてあげる。
  •  大切な仕事を任せる、任される。
  •  個人的な悩み事にも、気をかける。気にかけてもらえる。
  •  相手の誕生日や趣味を覚えている。覚えていてもらう。
  • 出張に行った時、家族や職場の人のために、お土産を買ってくる。
  •  なんでもない時に、小さなプレゼントを渡す。
  •  愛している、好きと伝える。
  •  相手が子供なら、いっしょに遊んであげる。

★変化に気がつく存在承認の例

  • 髪の毛を切った、髪型が変わったことに気が付く。
  •  洋服や持ち物の変化に気が付く。
  •  ちょっと具合が悪い時、悩んでいる時、その様子に気が付いてあげる。
  •  がんばっている様子などに気が付いてあげる。

★自分への肯定的ストローク、承認

  • 自分に微笑みかける。
  •  自分に優しい声をかける。
  •  自分のいいところを褒める。
  •  自分のがんばりを認めてあげる。
  •  おいしい食事を食べる。
  •  気持ちのよい音楽、環境、香りなどに身を置く。  (自分のカラダが喜ぶことをする。)
  •  自分が欲しいものをプレゼントする。
  •  自分にご褒美をあげる。
  •  自分に休日や休暇を与える。
  •  やりたいことをやる。
  •  自分の感情を紙などに書いて、そのまま受けとめてあげる。

★自分の「自己重要残高」「自己信頼残高」をふやす。

  • 自分に約束したことを守る。
  •  自分の目標や夢にむかって、行動をとる。
  •  自分の才能を開発する。
  •  自分がやりたいこと、好きなことに取り組む。
  •  やりたくないことを、人の言いなりになってやらない。
  •  正直に生きる。
  •  他人の幸せや成功を、喜んであげる。
  •  周りの人に、「小さな親切」や「承認」、「肯定的ストローク」を与えてあげる。
  •  周りの人やもの、環境に感謝する。
  •  失敗した自分を許す。
  •  過去の過ちやできない自分を責めない。引きずらない。
  •  自分がリラックスできる時間やツールを進んで手に入れる。
  •  自分の身体や心を痛めつける、環境、人、道具などに のめりこまない。身を置かない。

*******

かぶっている内容、 他にもある!という内容、いくらでもありそうです。

でも大事なことは、たくさんのことを「知っている」ことじゃない。
実際に「やる」のか、「行動に移せる」のかです。

「知る」と「分かる」は違う。

「分かる」と「なる」、
「分かる」と「できる」も違う。

あとは自分次第。

過去や相手は変えられないけど、自分と未来は変えることができます。