いっしょにIKUJI セルフコーチング ワクチャレ

今回の記事は、私にとって貴重な記事でした。

最近失っていたものを思い出させてくれました・・・。 


最高の人間関係を築く手法。相手の行動改善を促す秘訣は?その8

【88】当たり前のことをどう考える?尊敬するって何?3つの力とは?
▼今回の記事  
   

http://coaching.livedoor.biz/archives/23182689.html



<覚書&感想>

 

「承認」は、単なるスキルやテキニックではなく、自分の気持ちが乗っかって
初めて、相手の心に伝わるもの。

今回の記事は、承認の土台になる3つの能力について。
この3つの能力は、幸せな成功者になるための能力とも、言いかえる事ができる。

 

(1)感謝する能力

当たり前のことを当たり前と思わない。
それは、病気にならなくても、健康に感謝できる、ということ。
それは、その人がいなくならなくても、その人の存在に感謝できる、ということ。
  

身近なこと、身近な人から、私はなんてたくさんの恩恵を受けているんだろう。
それを、失ったりしなくても、毎日ちゃんと感じ、感謝することができる。
当たり前だなんて思わない。 それが、「感謝する能力」だ。
    

※参照・・・26】プラス思考の最高の入り口が「感謝」。

 

(2)尊敬する能力

野口さんが出していた例が、そのまま私にも当てはまる。
私は若い時、「自分の周りには、尊敬できる人が一人もいない。」と思っていた。両親のことも尊敬していなかった。尊敬できる先生もいなかった。

野口さんは言う。

 「しかしそれは、私の能力の問題だったのです。
   私に、人を尊敬する能力がなかったのです。」

 「身近な人を思い浮かべて下さい。その人の尊敬できるところを、5つ探してみてください。」

 

わたしは、自分の5歳の息子を考えてみた。
普段は、「ちっとも言う事を聞かない。」「本当に落ち着きがない。」と思っていたけれど、そう言われてみれば、確かに、尊敬できるところがちゃんとある。 私にはない、素晴らしいところがちゃんとある。

「尊敬」は英語で「respect」。

これは、re(再び)spectare(見る)、つまり「見直す」という意味だと言う。
その人のことを、これまで見ていた視点とは、別の視点で見る。 
視点を変えることで、5歳の息子にも、尊敬できる立派なところがあることに気が付いた。
まさに、「尊敬=見直す」 「見直す=尊敬」なんだと思った。

 

(3)愛する能力

思いやりの能力」、「与える能力」とも言い換えることができる。
  
この能力については、こちらの記事をもう一度復習。
     【29】自己実現を推進し、豊かさを引き寄せるもの

 

私が、前回この記事【29】を読んだ時は、まだまだ分かっていなかったような気がするな。今、この記事を読み返して、つくづく思う。
 
私に欠けていたのは (特に自分と家族に対して)、これら3つの力だ。

  • 「感謝」、
  • 「尊敬」、
  • 「愛する」こと・・・。 

だから私は、なかなか自己実現の歩みを歩めないのかも知れない。
野口さんが、このワクワクチャレンジの前半でも、以下のようなことを言っていたことを思い出した。
自分のために、もう一度確認する。


 

「感謝する心」と「与える心」※野口さんの以前の記事 (【29】の内容)から引用。

自己実現をする上で、強烈にプラスになる想念が2つあります。これを強めると、驚くほどツキのある人生が実現します。 

自己実現にプラスになる想念の1つ目は、『感謝』でしたね。
『感謝』の想念は、『許せない』というマイナス想念を解消する力も持っています。

 
自己実現にプラスになる想念の2つ目は、非常に強力な想念です。

それは、『与える心』です。

『与える心』とは、『親切心』とか『思いやり』と言うこともできると思います。人の役に立とう』とか『人を喜ばせたい』と思う気持ちとも言えます。

(詳しくは、上記の記事参照。)


 

きわめつけは、野口さんが出している、今回の宿題。

<宿題について>

▼今日の宿題
まず、あなた自身に感謝し、あなた自身を尊敬し、あなた自身を
愛することを始めてください。

 

自分に感謝するって、どういうこと?
自分を尊敬する
自分を愛する・・・。

妥協や甘やかしは、「愛する」と「イコール」じゃないよね?
「自分が決めた約束をちゃんと実行する」ということは、自分を愛することに
繋がるのだろうか。
「自信を深める」ということは、「尊敬する」とイコールになるのかな。「
感謝」、感謝って・・・。

(もう一度、上を確認。)

「当たり前のことを、当たり前と思わないこと。」

  • 自分が健康であること。
  • 結婚できたこと。
  • 一男一女を授かったこと。
  • 目が見えること。
  • 本を読めること。
  • 一生懸命考えることができること。
  • 友達を持っていること。
  • 仲間がいること。
  • 仲間や友達に、ちゃんと声をかけられること。
  • 家事をそれなりに頑張っていること。
・・・そういうことを、がんばってるね、ありがたいね、って感じることかしら。

なんか涙でてきた。