いっしょにIKUJI セルフコーチング ワクチャレ


「人生で繰り返してしまうパターンの出所とは?」 その4
  【67】わかっちゃいるけどやめられない「心理的ゲーム」とは?
   ▼今回の記事
 
 
   
http://coaching.livedoor.biz/archives/18269641.html




<覚書>

今回は「心理的ゲーム」について。

【心理的ゲーム】
  わかっちゃいるけどやめられない「人間関係や行動のパターン」のこと

 
  後になって、「どうしてあんなことを言ってしまったんだろう」とか、「頭では
  分かっているんだが、その場になると、ブレーキが効かなくなってしまう」
  と思いながらも、繰り返してしまう行動パターンである。

  このゲームを繰り返すことは、時間を浪費することにも、人間関係をこじ
  らせることにも繋がってしまう。

●代表的なゲームその1――「キック・ミー(私を蹴って)」――

キック・ミーというゲ-ムを持っている人は、相手を怒らせて、自分を処
罰させるような行動を繰り返す。もちろん、当の本人は、自ら処罰を
誘っているという意識はない。

次のような行動を繰り返す人は、キック・ミーのゲームを持っている可能性がある。

・何度も遅刻する人
・最初は二つ返事で仕事を引き受けておきながら、必ず期日を伸ばす人。
・多くの役割を一手に引き受けてしまい、結局、途中で投げ出して、周囲
 に迷惑をかけてしまう人。

今回の記事では、キックミーというゲームを持っている妻Bと、それに乗って
しまう夫との、夫婦の例が出されている。
このような時、
 「キックミーのゲームを持っている妻がすべて悪い。」とも、
 「それに乗らされて、暴力を振るってしまう夫がすべて悪い。」とも言えない。

そういう問題ではない。どっちがいいも悪いもなく、BさんはBさんのゲームを
持っていて、夫は夫のゲームを持っていて、その2人が引っ付いた結果、
その二人特有の夫婦関係を、2人で共同創造している。
それに過ぎない
のだ。

夫の立場から言えば、夫自身の行動を変えることが大事だし、妻の立場か
ら言えば、妻自身の行動を変えることが大事である。
だって、相手を変えることはできないのだから。
そして、どちらかが行動パターンを変えることができたら、当然、2人の関係
は変わってくる。 片方が変われば、「共同創造の中味」は変わってくるのだ。

 

●あなたにも原因があるんだよ。と指摘すること。

 

ところで、Bさんのように何か悩んでいる人に対して、「あなたにも
原因があるんだよ。」などと指摘したりすることは、やめたほうがいい。
人は、外部からの指摘によっては、変わらないことが多いからだ。
むしろ、傷ついたり抵抗をしたりすることの方が多い。

●悩んでいる人の役に立ちたいなら。

 

まず、その人の気持ち(感情)を充分に聞いてあげて、受容して
あげることが一番
である。 すると、相手は安心感を感じて、
自分と向き合う勇気が湧いてくるのだ。
ここで聞いてあげるのは、グチや悪口ではなくて、
その人の気持ち
(感情)
であることがポイント。

・「そこで、どんな気持ちになった?」
・「その時の感情は?」
・「今、話してて、どんな気分?」

というように、質問を使いながら、まずは、気持ちや感情を 言葉にして
アウトプットさせてあげることが効果的である。

詳しくは、また別の記事で。

<感想&気付き>

最近の記事の話題を通して、私は、自分の人生脚本、自分の心理的
ゲーム、 そんなものが、気になってしょうがない。
最近、そのことを非常に意識しているせいか、少しずつ、自分が
抱えていそうな 「非合理的ビリーフ」は、見えてきた気がする。

「このこともあのことも、やだ、まさか繋がっているかも知れない・・・。」

そう感じて、愕然となった時もあった。
人性脚本、心理的ゲーム、交流分析。 そして、インナーチャイルドの問題。
過去に囚われすぎることなく、でも冷静に、調べていこうと思う。

まずは、普段の観察(自分)と、本が届くのを待つことだ。

望ましい未来のために、
できることを、自分のペースでやっていこう。