私が、「鏡の法則」を読み、著者・野口さんのブログも読んで、ずっと許せなかった母を「許せた」のは、今年1月。

※その時の経緯はこちら→ 「母とのこと」【1】

母を許せたことで、自分が一番ラクになった。
「至らない母」を責めることは、「母親として至らない自分」も、 責めることになるから。

あれから3ヶ月近く。

最初は、「鏡の法則」に書いてあるような、劇的な変化はないよ、と思っていたけれど。
今になって振り返ってみれば、やっぱりあの時を境に、いろいろなことが変わってきたような気がする。

何より、母の 私に対する接し方が変わった。
母との関係は 明らかに変わった。
私の見方が変わったからか? 感謝の気持ちを母に告白したからか?
そこの所はよく分からないけれど、
明らかに、あの行動を起こしたことで、母との関係性は変わった。
そして、自分も、どこかが変わった。

 

――昨日、「許せない人がいる」「自分自身も許せない」という悩みを抱えた友人と 話をした。

「許せればラクなのは分かっているけど、それができない。」

・・・そうだよね。
私も、同じように考えていたもんな・・・。
10代の頃から抱えていた思いを、やっと手放すことができたのは33歳を過ぎてから。
彼女の気持ちは、痛いほど分かるんだけど。

でも、「許せない」ことが奪う、エネルギーの大きさも、その苦しさも、手放した今なら、余計によく分かるから。

 

だから、私の大切な友人も、手放せる日が来るといいな。

彼女に紹介したのは、こちらの記事と、下の本。

▼私のブログ記事
【19】「許せない」ときに、どうすればいい?
まずは自己受容。特に自分を責めがちなあなたへ。

▼本
鏡の法則 人生のどんな問題も解決する魔法のルール
鏡の法則 人生のどんな問題も解決する魔法のルール

ゆるすということ―もう、過去にはとらわれない (サンマーク文庫)
ゆるすということ―もう、過去にはとらわれない (サンマーク文庫)
彼女の行動を、考えを、私がコントロールすることは 出来ないけれど。
・・・そっと祈っていよう。

きっと いつの日か、ラクになれる日が来ますように・・・。