7月6日は、わたしの誕生日。バースデーでした。
(ちなみに、ブッシュ大統領も 7月6日生まれなんですって!
ニュースで聞いてビックリ! でも、あんまり嬉しくないけど・・・。(^^;))
誕生日のケーキ

いくつになったか・・・。
ダンナが ご丁寧に頼んできた、長いロウソクが3本と、短いロウソクが5本で
分かるでしょうか?(^^;)

たくさんの方から、お祝いメッセージを頂きました。
本当に ありがとうございます。
すぐにお礼のメッセージを返したいところなのですが、
ちょっと数が多いので、もう少々お待ち下さい。
今回のブログ記事を、ひとつのお礼の形にさせて頂きますね。

息子と娘からも、「これ、ママの顔~!」と 手描きの絵をもらいました。
▼4歳の娘から。

▼鼻血出しているのが、6歳息子から。(スゴい顔なんですけど!(ーー;) )

それにしても、「お誕生日おめでとう」のメッセージや、誕生日をこうして祝ってもらえる
ことって、「存在承認」だなぁと つくづく感じました。

(ちなみに「承認」とは、そのままを認めること。そして、それでOKだよ、分かったよ、
うれしいよ、と 言葉や言葉以外のもので相手に伝えること である。)

【参照】 承認。ありのままの自分を認める。(その2)

 

何かをやったから、やってあげたからじゃなくて、「生きている」「存在している」。
そのことだけで、相手を受け入れていること。認めてあげること。
・・・愛してあげること。

それが、「存在承認」だと思う。

実際、頂いたメッセージの中には 「生まれてきてくれてありがとう。」という言葉を
下さった方もいました。
または、私の活動やブログ記事を見て、「励まされる」「応援します」という言葉を
下さった方もいました。

その言葉も 嬉しかったけど、
なんというか、「誕生日だ」ってことを、気に掛けてもらえる。
そのことだけで、本当に有り難いと思うんですよね・・・。
逆に、だ~れも、私が誕生日だってことを知らなくて、気にも掛けてもらえなかったら、
やっぱり寂しいですもんね・・・。

そういえば、野口さんのワクチャレの影響もあって、母に電話をかけました。
誕生日は、自分がどうこうよりも、自分を産み、育ててくれた両親へ、感謝の言葉を
伝える日なんだそうです。 そう言われてみれば、そうですよね。 (^^)

【参照】 誕生日は「母が陣痛に耐えた日」!ありがとうございます

でも、ワクチャレに挑戦し、この記事を初めて読んだ1~2年前の時には、
このことを、素直に受けとめることができませんでした。(その時の記事はこちら

今では、だいぶ そんなわだかまりが消えて、素直に、母への感謝の言葉を
伝えることができました。
これだけでも、私はずいぶん変わったな・・・ そう つくづく感じます。

私を産んでくれた お母さんへ。
私たち姉妹を育ててくれた お父さんとお母さんへ。
これまでの人生で、私に関わってきてくれた全ての方たちへ。
そして、今、私と関わってくれている、全ての人たちにも。

・・・ありがとうございます。

私が、生まれてきたこと。 生きていること。
自分を大切にできるようになったこと。

すべてが、 かけがえのない財産です。

こんな今の自分が、とてもとても、愛おしく感じます。
みんなと関われたからこそ、今の私があるんだと思っています・・・。