2008円8月15日

最近、イライラしてしょうがない。

でも、これって私だけのことでは ないみたい。 (^^;)

私のママ友、それから、メンタルケア講座の受講生たちも、
夏休みに入ってから、そのストレスやイライラを語ってくれている。

夏休みは、ママにとって鬼門なのだ。

・・・まずね。
暑いんだもん! 

これだけで、身体やエネルギーが消耗するよね・・・。
イライラするよね・・・。

そして、「夏休み」。
幼稚園ママたちは、子どもたちが夏休みで、いつも自宅にいる
小学校ママたちも、そうよね。
しかも小学校の場合は、「宿題」があるのよね~!

子どもは可愛いと言っても、この暑い中、元気なお子さまたちと、
四六時中いっしょに過ごしているのは、やっぱりシンドイ
よ~。

わが家は、保育所&学童に行っているので、いわゆる夏休みはない。
だけど、このお盆期間は2人ともお休み・・・。
あ~ウルサイ。 あ~暑い。
家族4人分のお昼を考えるのも、面倒くさ~い!!! (ーー;)

うちの場合は、「夏休みの宿題」にも苦労している。

とにかく うちの息子(小1)は、「勉強」や「宿題」が大キライ。
だけどさ、私が子どもの頃に比べたら、夏休みの宿題も、ずいぶん減ったと
思うのよね~。これくらい、文句言わずにやれよ!と思うんだけど、
とにかく、やろうとしない。

いちいち「宿題やろう!」「宿題は?」と
訊くのもイヤなんだけど、言わないと、本当にこの息子はやらないから、
言うしかない。 (典型的な うるさいママになってしまう。(^^;))

それにしても、私が教員やっていた頃も思っていたけど、

国語や図工関係の課題。
農協だの、市役所だの、教育財団から依頼が来る、あのコンクール関係!
理科の自由研究」や、「統計グラフ」なんて、その最たるものだけど、
あんなん、低学年の子どもに出来るか~!!

学校の先生たちだって、上から依頼が来るから
(しかも、学年で何点かは必ず出品しろとか言うから)、
仕方なく、「この中から、1つはやってくるように。」なーんて言って、
宿題の1つに組み込んでいるだけなんだよね。

統計グラフや理科の自由研究なんて、親や先生の力なしに、
絶対、まとめられないって!!!

だいたい、コンクールで入賞するのは、いかにも「大人の手が入りました~」
という、すごい出来栄えのヤツ。
あ~、くだらない。

・・・「夏休みのコンクール系の課題」に関しては、正直、
思うところがいろいろある
のです。(^^;)

でも、今は 一保護者として、子どもにやらせるしかな~い!
出来ない所は、手伝うしかな~い!!

息子の宿題では、

・国語系(読書感想文とか習字とか)の課題から1つ。
・図工系(ポスターやアイディア貯金箱など)の課題から1つ。

を、必ず提出することになっている。

・・・うちの息子に、読書感想文や作文なんて、書ける訳がない。
(絵日記ひとつ書かせるのに、えらい苦労した。(^^;))

一番簡単そうなのと言うことで、「ボランティアに関する標語」
というのを選んだんだけど、これはこれで、苦労した。
”5・7・5”を とにかく完成させようと、
私とパパが考えた5文字の言葉とか、7文字の言葉とかを、
たくさん並べて、その中から、気に入ったのを息子に選ばせて、
なんとか1つの標語にしたよ。トホホ。

図工系は、郵便局の「アイディア貯金箱」に、即決定。
これは、唯一息子が進んでやったけど、やっぱり、1人じゃできないのよね~。
紙粘土を使って、ベタベタになりながら、とりあえず昨日1日かけて、
なんとか頑張らせたよ~。 紙粘土が乾いたら、後は色塗りだ。(^^;)

・・・こうやって、息子の宿題を 苦労しながら「やらせる」ことにも、
非常に大きなストレスを感じるわ。

唯一の楽しみは、オリンピックでの、日本人の華麗な活躍。
頑張った人が報われる姿を見ていると、本当に、胸がすくような、
大きな感動を覚えます~。
北島康介選手の「2冠2連覇」達成は、やっぱり嬉しかった~!

・・・ということで、夏休みは、ママにとって鬼門です。(^^;)

上手に息抜きしながら、なんとか乗り越えましょうね~!!!