自分の進む方向、やっていることに自信がないと、
どうしても不安になってしまう。ブレてしまう。

もうすぐ2007年が終わり、新しい年が目の前に来ようとしている。
新しい年を迎えるに当たって、私も例に漏れず、
来年の目標や行動計画を立てよう と、結構悩んでしまった。

漠然としたものは いっぱいあるのだが、
もっともっと具体的に詰めたい。
そして、何でもかんでもは出来ないから、手放すものは、手放したい

だけど今の私は、やりたいこと、気になることが
漠然とたくさんあって、でも、それに対して不安感があったり、
自信がなかったり、不透明だったり、
イマイチ、スッキリしない
感覚があった。

「――これで行く!」

ちゃんと絞れていて、はっきり決意できている。
納得して、それに向かって、行動することができている。
そんな、覚悟や自信が持てる「大黒柱」のような行動指針が、
心から欲しいと思っていた。

(こういう時、私はついつい、占いや本に手が伸びそうになる。^^; )

 

さて、そんな私に、先日紹介した「自転車ランプの法則」という本が、
意外とドンピシャだった。

この本は、「今の自分ではイヤ」な私が、どういう目標設定をして、
どのように行動を起こしていけばいいのか。どうすれば、
自分や人生が変わるのか。
 それが、具体的に分かりやすく書いてある。

納得行く人生を送りたい。納得いく自分に変わりたい。
でもそれって、どうやれば出来るの?!
そう思っている人には、とてもオススメの本だ。

セルフコーチング的に、この本で問われていることを
書き出してみて、そして、実践していくといいと思う。

 

さて、この本の中に、効果的な目標設定の仕方が書いてある。
3ステップで目標を考えるこの方法は、来年の目標や、人生の目標を
考えるのに、結構つかえる方法
だと思った。
詳しくは書籍を読んでほしいのだけど、大まかに、この本にある
3ステップを書いてみると。

1.まず最初に、「拡大目標」を考える。
2.次に、「集中目標」を考える。
3.拡大目標と集中目標を踏まえて、「行動目標」を考える。
  この時に、結果でなく"行動そのもの"を目標にすることが大事。
  また、目標のサイズを吟味&調整することが大事。
  (詳細は書籍で。)

1の「拡大目標」とは、
自分の能力や経済力、常識などの枠に捉われず、自由好き勝手に、
本当にやりたいこと欲しいことを思い描く、まさに「」のような
目標のことだ。巷には、「宝地図」とか「ドリームマップ」とか
よくあるけれど、あれも、いわゆるこの「拡大目標」を、ビジュアル化
して表したものだ。

2の「集中目標」とは、
自分の命が、例えばあと3年と考えて、これだけは絶対にやりたい。
このことをやらなかったら、死んでも死にきれない。後悔してしまう。
…そう感じる、絶対に叶えたい、達成したい目標のことだ。
普段は、緊急でないように感じていたけれど、死を宣告されてみて、
改めて気が付くような、本当に自分が大切に思っている、何かのことだ。

私も、1の拡大目標と 2の集中目標を、ノートに書き出してみた。

・・・この本にも書いてあるけれど、
「ちゃんと自分で考えて、ちゃんとノートに書き出す」
という作業は、とても大事。

頭の中で漠然と考えていた時には見えていなかった、「新たな発見」
「新たな気付き」が、書き出すという作業をすると、結構出てくるもの
なのだ。ちなみに、パソコンで打ち出したりするよりは、ちゃんと
紙と鉛筆を使って書き出した方が「効果がある」という。
以前、脳や潜在意識の専門家の人が、本でそう語っていた。

3のステップの 「行動目標」に落とし込む、については、次回の記事で。