11年間、ありがとうございました。

送別会でのサプライズスイーツ

先月下旬、クボタ健康管理室の皆さんに、送別会をしてもらいました。

11年4か月勤めた、クボタ筑波工場での非常勤カウンセラーの仕事。
これを、7月末で辞めさせてもらったからです。

 

▼辞めた理由については、こちら
公認心理師になって、得たもの、失ったもの

 

上の記事を読むと 誤解されるかもしれませんが、
私をずっと雇ってくれていた

クボタ筑波工場には、感謝の気持ちしかありません。

 

産業カウンセラーとして 直接雇用してもらうこと自体が、まだまだ珍しく、有り難いことでした。

 

11年以上の実務経験・・・従業員のカウンセリング、復職支援、ストレスチェックの対応、メンタルヘルスやコミュニケーションに関する研修講師の仕事・・・などを積ませてもらったことは、かけがえのない財産、経験値となっています。

 

公認心理師の資格も、この実務経験が認められたからこそ、受験資格を得ることができました。

 

産業医や保健師など、健康管理室のスタッフの皆さんにも、本当によくしていただきました。自分で言うのもなんですが、とても良い関係だったと思っています。

飲み会に何度かご一緒させてもらったり、最後の送別会では、もう異動された産業医の先生まで、遠方から駆け付けてくださりました。そして、スタッフの皆さん全員から、心温まるお言葉、花束、プレゼント、サプライズまで頂き・・・本当に、感謝の言葉しか出ないです。

 

▼スタッフみんなでの集合写真はアップできないので、私一人の写真だけ。

ありがとう~送別会にて~

 

最後に、「産業カウンセリング」の場で関わってきた、何百人もの クライアントの皆さん皆さんとのご縁に、心から感謝しています。

カウンセリング終結となるまで 関わることができなかった方たちには、本当に申し訳ありませんでした。

有料とはなってしまいますが、守谷で、引き続き お話を伺うことは出来ます。カウンセリングが途中終了となってしまった方も、いったんは卒業となられた方も、必要な時には、いつでもお越しくださいませ。

 

改めて、クボタ筑波工場での経験は、本当に財産でした。

心から、ありがとうございました。

コメントを残す