4月から、10回連続講座で、「ホリスティック医学コース・基本科」の勉強をしていました。

講師は、NPO法人日本ホリスティック医学協会会長で、赤坂溜池クリニック院長の降矢英成氏。

内科・心療内科・精神科を標榜するお医者さんが、カラダ~ココロ~スピリット(霊性)という「まるごと」で命や健康を考える「ホリスティック」を、どのように捉えているのか。どのように実践に活かしているのか。それをぜひ聞いてみたくて、また勉強したくて、受講することにしました。

 

▼10回講座を終え、無事、修了証をもらいました。

ホリスティック医学・基本コース修了

 

いや~それにしても、「ホリスティック医学」、奥が深くてビックリです。

個人的な覚え書きも兼ねて、10回講座の内容を列挙すると・・・


 

  1. 日本ホリスティック医学協会「ホリスティックヘルス塾・基本講座」
  2. 疲労&ストレスのホリスティックケア(自律神経測定付き)
  3. 統合(インテグラル)理論・思想
  4. ホリスティック・メンタルヘルス
  5. ワイル博士の『癒す心治る力』解説講座
  6. 『ココロとカラダの自然療法』解説講座
  7. 日本フィトセラピー協会「森林ソムリエジュニア」講座
  8. 『バイブレーショナル メディスン』解説講座
  9. エネルギー医学・量子生物学
  10. エソテリックヒーリング(秘教治療)・神智学

 


 

・・・こんな感じでした。

タイトルだけじゃよく分からないかも知れませんが、一般的な健康学(食事、運動、睡眠、生活リズム、自律神経、身体だけでなく心理面も・・・などの内容)から、パーソナリティや人生、社会の発達段階を踏まえた視点、自然治癒力を大切にした東洋医学的代替医療的考え方。ハーブやフラワーエッセンス、森林療法などの「植物療法」。さらには、スピリチュアルな世界に入っていく、「波動医学」「エネルギー医学」(ここには、オーラやチャクラ、霊的なことも含まれます)という分野まで!
まさに、ホリスティック(全体・関連・つながり・バランス)!
と目からウロコで新鮮でした。

 

▼せっかくなので、日本ホリスティック医学協会の会員にもなってみました。(^^)

ホリスティック

 

ちなみに私、2006年~2007年頃は、「バッチフラワーレメディ」という、お花のエネルギーで感情を癒すセラピーを扱っていました。そこを入口に、コーチング→カウンセリング→トラウマ療法へと、勉強が発展していった感じです。

▼バッチフラワーレメディ(合う人には合うセラピーだと思います。レスキューレメディはオススメ。)
バッチフラワーレメディ

 

仕事の方でも アタマ、カラダ、ココロのバランスを うたっている私ですが、今回勉強したことでますます、

包括的でバランスよい視点を大切にしたい と思いました。