前回記事「保健所のネコをかいました。」の続きです。

NPO法人犬と猫のためのライフボート~手を伸ばせば救えるいのちがある~

NPO法人 犬と猫のためのライフボート(これより先、”ライフボート”と記します。) は、保健所で殺処分される予定だった犬猫を引き取り、付属の動物病院にて、 必要なケア(予防接種やノミの駆除など)をした後、避妊手術や去勢手術も行って、 新しい里親さんが見つかるまで世話し続ける。そんな活動を10年も行っている 団体です。そして、この10年間で、5000匹以上の犬猫を、新しい里親さんの もとに送り出した(2009年8月現在)そうです。
( ※詳しくは、ライフボートさんのこちらのページをご覧下さい。)

 

わが家もライフボートさんから 1匹の子猫を引き取った訳ですが、今回の引き取り体験を通して、以下の2つを強く感じました。

【1】よく考えられたシステムだなぁ。
【2】だけど、この活動を実際にやっているライフボートは大変だよなぁ。
  (私には真似できないなぁ。)

【1】についてですが、犬猫を飼いたい!と思っている人には、 ぜひ選択肢の1つに入れて欲しい。 そう思うくらい、ここのシステムは よく考えられていると思いました。

例えは悪い?かも知れませんが、リサイクルショップや古本屋の システムに近いシステムなんですね。

ある人が使わなくなった品物を、リサイクルショップが、修理したり キレイにしたりして、店頭に並べる。買う人は、店頭に並んだたくさんの品から、 自分の好みや納得に見合ったものを選ぶことができる。 そして、店頭で売っている以上、最低限の保障は付いている。(買ったけど壊れていて 使えないなんて事はない。万一あったら、返品や相談をすることができる。) そんな安心感がある。

・・・例えはあまり良くないかも知れませんが、私は、ライフボートのシステムは、そんなリサイクルショップのシステムに似ている気がします。

わが家が ライフボートに行った時も、150匹近くの子猫たちと面会して、 その中から、「このコがいい!」という猫を選んでくることが できました。


▼もう一度、わが家のネコ (生後3~4ヶ月の女の子です。)
全体的に色が薄く、白っぽいグレーという感じです。可愛いでしょ?
わが家の子猫

 

 

 

 

 

 

また、ここで受け取るネコたちは、トイレや爪きりなどのしつけもされています
(子猫を引き取る時、それまで使っていたトイレの砂やエサを分けてくれました。 それを混ぜて使ったので、わが家に着いてからも、問題なくトイレやエサを 覚えてくれました。)

爪きりについても、実家で飼っていたネコたちは、そんなこと なかなか させてくれなかったのですが、このコは慣れているんですね。 嫌がらずに、素直に爪を切らせてくれるので、感心してしまいました。

3種混合ワクチンなどの予防接種も、接種済み です。
(予防接種証明書も もらいました。)

また、ノミ、耳ダニ、回虫などの内外寄生虫についても、 きちんと調べた上で、問題ない、もしくは駆除済みのネコを渡してくれます。
他にも、病気などは きちんと調べたり治療したりした上で、可能な犬猫を 譲渡しているそうです。私は、ひどい病気があったり、もらい手がなかなか 見つからない犬猫はどうするのかなと思っていたのですが、そのような犬猫たちは、
ライフボートが責任を持って、終生面倒を見ていくということでした。
(実際、そのような犬猫たちが 事務室で飼われている様子を確認しました。)

 

最後に、去勢手術、避妊手術ですね。
ライフボートでは、必ず避妊手術や去勢手術をした上で、犬猫を渡します。
小さい子犬や子猫でも同様
です。 熟練した獣医さんにより、早期不妊手術を 行った上で、譲渡することに決めているそうです。

犬猫に不妊(避妊、去勢)手術をすること、ましてや、まだ小さい子たちに それをすることについては、きっと様々な意見があることと思います。 (安全性など含め)。

でも私は、不妊手術をすることには、賛成です。
こちらのサイトにも書いてある ように、これ以上不幸な犬猫を増やさないためにも、また、飼い主やその 犬猫たち自身のためにも、その方が幸せなように感じます。

NPO法人犬と猫のためのライフボート~手を伸ばせば救えるいのちがある~

このように、ライフボートさんからは、必要十分なケアを行った犬猫たちを、 引き取ることができます。

 

ちなみに、犬猫の引き取りは、無料ではありません
子犬や子猫自体は無料なのですが、不妊手術や駆除治療、それまでの 飼育にかかった費用(一部)など、必要経費を払う形になります。 我が家では、25000円を支払いました。

これを高いと思うかどうかですが、私は妥当もしくは安いと思います。
特に、個人で不妊手術を受けさせたら、それだけで、もっと金額がかかる ことと思います。それに、ライフボートで言っている以下の言葉も、もっともな 意見だと思うのです。

ライフボート付属動物病院HPより引用

「多少なりともお金をお支払い頂くということが、より意識の高い里親さんを 選別するフィルターとしても作用していると考えています。 「有料なら引取らない」という方が引取り後手術を実施するかは疑問であり、 無料譲渡ゆえ発生する里親詐欺の敬遠効果も望めるのではないでしょうか。」
そんな訳で、本当によく考えられているな~と思うシステムで、 ライフボートさん(他にも、似たような団体はあるようです。)は やってくれています。

 

そうそう、受け渡しに伴い、様々な事務手続きがあるのですが、これも、「きちんとした里親さんに渡して、 間違いなく幸せに育ててもらおう」という思いがあふれているからだと思いました。 この、きめの細かい丁寧な対応についても、私は好感が持てました。

NPO法人犬と猫のためのライフボート~手を伸ばせば救えるいのちがある~

という訳で、不幸な犬猫を減らすためにも、犬猫を飼おうと思っている 人たちのためにも、大変役立つ、素晴らしい活動をしているライフボート さんなんですが・・・。

先の【2】で書いたように、この中継ぎ活動を実際にやっている ライフボートさんは、大変だよな、私には真似できないな、とも思ってしまいました。

とにかく、動物を飼うということは 手間が掛かって大変なことだと思うんです。
365日24時間、飼育に関する手間と責任が付きまといます。
汚物などの処理はもちろんのこと、病気や生死などのつらい場面にも 立ち会わなくてはいけません。

しかもそれが、あんなに多数(2009年8月現在、ネコだけで300匹以上飼育中) では・・・。 その苦労は、いかばかりかと思うのです。

皆さんも、ライフボートを実際に見学に行かれたら、きっと、その大変さが いろいろ垣間見えることと思います。 ボランティアさんの手を借りて、資金面や その他で(きっと)苦労しながら、一生懸命飼育している様子が、何だか伝わって くるんですよね。 夏の暑い中、扇風機だけの室内は、動物たちの匂いで むせかえる程でした。 そんな中、汗をかきかき、スタッフの人たちは様々 な世話をしていて、「本当に動物が好きじゃなかったら出来ないよなぁ。」
なんて、そんなことを つくづく感じてしまいました。

***
地道に、こんな活動をしている団体がある。
犬猫を飼いたいと思っている人たちにも、そうではない人たちにも、 ぜひ、こんな活動をしている団体を知ってもらいたくて、 詳しく紹介させてもらいました。

犬猫を飼いたいと思っている人には、ぜひその選択肢の1つに入れてもらいたいです。
我が家のネコちゃん、実際にホント可愛いし、ほとんど全ての処置が終わっている、 その安心感もあります。 そして、たった一匹かも知れないけれど、保健所で殺される かも知れなかった、その命を救うことができた。そして、今こうやって、(多分)幸せに 飼うことができている。 そんな満足感も感じたりしています。

犬猫を飼う予定はない、その他大勢の人たちにも、こんな団体が あることを、ぜひ知っていて、覚えていてほしいと思います。
そして、身近の人が犬猫を欲しがっているなど、何かのタイミングが もしあったなら、ぜひ、「こんな所があるらしいよ~。」 と紹介してもらえると 嬉しいです。 私が最近まで知らなかったように、まだまだ知らない方は たくさんいると思うからです。

我が家では、一匹のネコを引き取ることと、私がこうして、 ライフボートをブログにて紹介することしか出来ないので、それを させてもらいました。(*^_^*)
こうして紹介することができて、嬉しいです。

NPO法人犬と猫のためのライフボート~手を伸ばせば救えるいのちがある~

【3】犬猫に不妊手術をさせることについての記事はこちら。