2007年4月2日

自分は結局、「自己受容」ができていなかった。 仲間がいるって、本当にすばらしい。本当にありがたい。

・・・そう思う出来事があったので、報告させてもらいます。

現在、「いっしょにIKUJI」という企画で、11名の仲間たちとセルフコーチングに励んでいます。「鏡の法則」野口さんの、3ヶ月間ワクワクチャレンジというものに取り組んでいるのです。

それの、69番目の回で「ストローク」という話が出ました。(子育てママには必見の内容ですよ!)ママイキを受講している人なら、「承認」と繋がる話だと言えば、分かりやすいかも知れません。

 

私は、この回の記事を読んで、非常にショックを覚えました。
そして、自分を責めました。

「ああ、私って、子供たちにちっとも、肯定的ストローク(承認)を与えられていなかった!」

そんな風に感じてしまったんですね。
そこで、【69】を読んだ感想記事にも、そのような思いを綴りました。

バランス

そうしたら、MLでその感想を読んだ仲間から、以下のようなメールをもらったのです。
その内容に 私はとても感動を覚えて、思わず涙が出てしまいました。 その内容にも、こんなメッセージをくれる仲間がいることにも、非常に感動したのです。

今回、メッセージをくれたさとりんさんの許可をもらって、そのメールの内容を下に紹介させてもらいます。

 


 

こんばんはバランスさん、涙ナミダだったのですね。
心の深いところの記憶が呼び起こされて かなり辛い気持ちに
なられたのではないかと思います。
それでもがんばって投稿なさったのですね。
がんばったね。バランスさんの努力家なところ、MLのみんなは
ちゃんと見てますよ(^-^)/
ご自身で考えられたビリーフの書き換えも 素晴らしいです!

>もしかして文字通り、「私の言うこと」、「私の存在や言葉」を、
>彼らが無視している。認めてくれていない。そういう風に、
>反応していたのかも知れません・・・。

すごく大きな深い気付きですね。
そのことを知っただけでも大きな変化が訪れると思います。

バランスさんの投稿を拝読すると、自分のことととてもダブるんです。
それでいてもたってもいられない気持ちになり、「会ってゆっくり
お話したい!」って思います。  

どうぞ、ご自身を責めないで下さいね。
お子さんは、バランスさんを選んで生まれてきたのです。
お子さんはそれだけの力を持って生まれてきていると思います。
バランスさんの笑顔が 何より大好きだろうと思います。 

バランスさん、お子さんにしてあげたいと列挙されていた「肯定的
ストローク」を是非まずご自分になさってみてください。ご自身を
抱きしめてあげて欲しいです。近くにいたら私が抱きしめてあげたい!

「大丈夫だよ」「そのまんまのあなたが大好きだよ」って。ご自身の
心の声・感情をじっくり聴いてあげてみて下さい。
「寂しさはどこからくるの?」「どうなったらうれしい?それはなぜ?」
頭や身体を自分で撫でてあげるのもいいかもしれません。  

うまく言えなくて申し訳ないのですが。。。
バランスさん、バランスさんはたった一人の唯一無二のかけがえの
ないバランスさんですよ。代わりなんて誰もできません。大事な人です。
どうぞ、ご自愛くださいね。

 


 

まさに、彼女は私のことを「承認」してくれたんですね。
肯定的ストローク」をくれたんですね。
それが、表面上のスキルじゃなく、心からのものだから、私は、心に響いたのだと思います。

改めて、仲間がいることの素晴らしさ、承認してもらうことの大切さを学びました。

それから、私自身はやっぱり、自分に厳しい(自己受容ができていない)ところがあるということも・・・。

”承認”、”自己受容”については、私にとって大きな目標です。
自分自身
のためにも、子供たちや、それから、応援していきたい子育てママたちのためにも、深く深く学んで、経験を積んで、習得していきます!

「こういうのが、承認なんだよ。」
「こういうことが、自己受容なんだよ。」

それを表現していける、私になりたいです。