「自分を大切にする」だけでは、間違っている。

最近、そう思うようになった。

誤解がないように言いたいけど、
「自分を大切にする。」「自分を愛する。」ことは、本当に大切なことだ。
まずは、そこが出発点。

******

小さい子どもたちは まず、 誰か (多くは”親”)に、
自分を無条件に愛してもらうことを覚える。

思春期からの子どもたちは、「自分」というものを 考えるようになる。
(「自我」が芽生える。)

青年期に入った若者たちは、「自分を愛する。」「自分を大切にする。」
ことを模索する。
 自分が勤める仕事。 人間関係。 社会からの情報。
様々なものが、「自分のやりたいことって?」「私はこう思う。」等等の
感情を引き起こして、考えさせるのだと思う。

******

 私自身はきっと、この「自分を大切にしたい」時期を、ずっと
歩いていたのかも知れない。 もちろん、そういう思いはずっと、
自分の中に 持っていなくてはいけないのだけれど。

けれど、今の私は、「自分」だけ愛していればいい、そんな存在ではない。

  結婚をした以上。

  子どもを持った以上。

  家庭を持った以上。

「自分を大切にする。」「自分を愛する。」だけでは、いかないのだ。
私はそこの所が、本当には分かっていなかったかも知れない。

 最近になって初めて、
 
 自分を、本当に認められるようになって、
 自分を、本当に愛せるようになってきて、

 家族・・・ つまり、愛するダンナと、愛すべき子どもたちのことを、
 心から、考えるようになってきた。

 そしてもう一つ。

 私や うちの家庭は、社会の中の一員である。
 そして、自然という大きなものの、一部でもある。

 自分ひとりだけで 生きているような、
 自分ひとりで 何とでもなる、というような、

 傲慢な考え方は、しちゃいけない、と思うようになってきた。

 もっと謙虚に、
 もっと誠実に、

 自分にできることを、やっていこう と思うようになってきた。
 自分にできることなんて、本当に、わずかだとは思うのだけれども。
 それでも、私だけにやれることは、必ずある。

 
だから、

「自分を大切にする。」

 だけでは、やっぱり、間違っていると思う。

自分は、限界ある存在なのだということを、私は自覚したい。