最近のブログ記事、「理想の自分誕生クリニック」ネタばかりで、ごめん。
でも、この2ヶ月間、本当にそれが全てと言うくらい、全力投球していたの。
そして、計り知れないほどの得るものを得た。

だから、ここでもう一度書きたい。


 

このクリニックで、私が得たものは何だったのか。
大きく分けると、次の3つだったかな、と思う。

・「仲間」。
・「限界」を知ること。
・「調和」の意義。

 

まずは「仲間」。

クリニックの参加者は、12名だった。男性2名、女性10名。
この12人には、クリニックが終わった後も、励ましあったり、指摘しあったり、
最高の付き合いができることと、信じている。 義理や建前を超越した、本音で付き合える仲間たちだ。

そして、このクリニックを企画・運営した、須子はるかさんを始めとする、ジャストレード株式会社のスタッフたち。

メンターとして関わってくれた一期生。

最終セッションを通して、今まで以上の信頼感を築けた、私の最愛なるダンナ。
最高の仲間を得られたことは、最高の収穫だった。

 

2番目に、「限界」を知ること。

私にとっては、とても大事な気付きだ。
頭では、そんなこと分かっていた。物事には限界がある、そんな当たり前のことは。
でも、真には分かっていなかったような気がする。

このブログでも、それと同じようなことを、何回も書いてきた。

人間が独りでやれることなんて、本当にたかが知れている。
ううん、例え、集団になったって、そうだと思う。 仲間や集団になると、計り知れない力を発揮するものだけど、それでもやっぱり、「人間」には限界がある。

そのことを、忘れてはならないと思う。 

自分たちは何だって出来る。資源は限りなくある。何を目指しても、どんな手段を使っても、構わないんだ。・・・

そんな考え方は、傲慢だ。
人間には、私個人には、時間には、・・・限界がある。

だから、頼るべき時は、頼る。
あきらめるべき時は、あきらめる。

限界があるからこそ、 その限界の中で、ベストを尽くす。
そんなことを、本当にまざまざと学ぶことができた。

それは、完璧主義であり、理想論に走りがちだった私にとって、本当に、重要な気付きだったと思っている。

 

最後に 「調和」の意義だ。

私は、ライフバランスを うたっている。
自らも、「バランス」と 名乗っている。

私の言っている「バランス」は、まさにこの、「調和」なんだと思う
たまに、「ライフバランスって、分かるようで分からない。」
「あなたの言うバランスって、どういう意味?」と 訊かれることがある。

 

私の言いたいバランス、調和は、こういう意味だ。

私は、物事には必ず、両方の側面がある、 と思っている。
または、いくつかに分けられる要素
人間で言うなら、と、と、身体
上の話で言うなら、無限の可能性と、限界
または、プラス思考マイナス思考
ロジック(論理)と、パッション(感情)。

必ず、両方の側面や、相反するような価値観があるんだけれど、
たとえ、一方はマイナスの要素に見えたとしたって、
両方の側面が、必要なんだと思っている。

例えば、ビジネスや人への説明を考える時、ロジックもパッションも必要だ。

どちらか一方に偏ることは、絶対に良くない。
何事も、行き過ぎは うまくないのだ。

 

そこに、調和(バランス)の意義 がある。

ロジックも、パッションも必要。
でも、そのさじ加減というか、あんばいは、人や物事によって様々。
3:7がいい人もいる。2:8で、絶妙なバランスだという人もいる。

ライフバランスも一緒なんだ。

どの要素をもってライフバランスと定義するかは、人それぞれかも知れない。
でも、私の場合ライフバランスは、
自分と、 家族と、 仕事・社会  になる。

どれも、大事なこと。
しかも、どれもが、相互に関係しあって、影響しあっている。

人によって、2:4:4 がいいとか、
4:3:3がいいとかあるかも知れないけど、
どこかが10になるとか、どこかが0になるって言うのは、絶対に良くない。
それは行き過ぎ、それは偏りすぎだと、私は考えている。

だから、育児中のお母さんたちには、
子ども・育児ばっかりに なってもらいたくない。

仕事をしている人たちには、
仕事だけで毎日や人生が終わるような、そんな生き方はしてもらいたくない。

何より、私自身が、そんな人生は送りたくない。
物事には全て、いろいろな要素や両方の側面があるけれども、
一方に偏ることは、決していい結果をもたらさないから、個々に絶妙だと思える、バランスや調和、あんばいを見つけたい。
気持ちいいバランスを保っていきたい。

 

それが、私の考える「調和」の意義だ。

ライフバランスだ。

 

頭の理解だけでは、これらの本当の意味は、決して分からない。

私は、クリニックの2ヶ月間を通して、
3つのことを、改めて学んだ。 心から、身体から、学べたと思う。

本当に貴重な2ヶ月間だった。

2ヶ月間を支えてくれた、たくさんの仲間たちに感謝したい。
そして、2ヶ月間を頑張り通した、自分自身を褒めてやりたい。