こんなにも飢えていた。自分を認めることに。

トラウマ療法

ものすごい、衝撃だった。

わたしって、こんなにも、自分を認めることに飢えていたんだ。
かつて流行った、「自分で自分を褒めてあげたい。」の言葉。
・・・そうだよね、うんうん。 自分で自分を認めることは大事だよね、うん分かるわ。 って思ってたのに。

なのに、
ちっとも、認めていなかったよ、自分自身を。

 

・・・「認めて、認めて!」の光線は出していた。

私って、こんなこと考えてるの。
私って、こんなに頑張っているの。
私って、こんなに大変なの。
認めて! わかって! 褒めてよ! 言うこと聞いてよ!

友達にも、家族にも、子どもにも、いつもいつも、訴えていたような気がする。
直接訴えることは、ほとんどしなかったけど。
でも、言葉に、顔に、行動に、きっとイヤラシイほど にじみ出ていたんだろうね。

 

・・・「他人」じゃなく、「自分自身」が、認めてあげれば よかった のにね。
どうしてそこだけ抜け落ちて、「他人」に認めてもらおうと思っていた んだろう。

自分では、全く気がついていなかった。

バランス

私は、子どものころ、「母親に認めてもらった」と思った記憶が一度もない。

・・・本当にないんだ。

・わたしの容姿。
・体質。
・好きなこと。
・がんばっていたこと。
・進路を考える自由。
・将来を決める自由。

 

これ書いている時も、涙が、後から後からあふれてくる。

 

本当に、認めてもらいたかった。
・・・だから、頑張っていた。

学校の勉強も がんばった。
いい子ぶりっ子も がんばった。
正しさや常識で、母に訴えることも がんばった。
大学受験もがんばった。 自分のやりたいこと、欲しいもの、できるだけ手に入れられるように、がんばった。

・・・本当に、自分でも健気に思うくらい、がんばっていたなぁ。

 

そして、間違った認識を持ってしまった。

 

「がんばれば」、必ず結果はついてくると。
真面目に、正しいやり方でやっているなら、「理想」も「結果」も、必ず手に入るものだろうと。

実際20代までは、だいたいのものが、それで手に入っていた。

でも。

「育児と仕事の両立」は、頑張っても頑張っても、「理想」の形にはならなかったんだよね。
育児自体も、頑張って努力したところで、子どもたちを 望む通りに コントロールすることなど、できなかった。

決して、無理なことは要求してないつもりだったんだけどね。
例えば、わたしが一生懸命つくった料理は、食べてもらいたい、とかさ。

でも、そんなことすら叶わないのよ、子どもってヤツはさ。(笑)

バランス

昨日、尊敬する彼女に、その気付きを引き出してもらった。

その気付きを得て、私は初めて、 子ども時代に頑張っていた自分を、正面から認めてあげることができた。
そして、今現在の私も、自分自ら 認められるようになった。

そうしたら、本当に うれしくてうれしくて。

それだけの行動で、涙があふれてくるのよ。
自分へのねぎらいの言葉や褒め言葉を、頭に思い浮かべるだけで。
こうやって、キーボードに打ち込んでいるだけで。

・・・うれしくて、感動で、涙が出てくる。

こんなに、私、自分を認めることに 飢えていたんだ。

改めて、深く深く、気がついた。
ありがとう。

人生の色が、変わったかも知れない。

 

こんなにも飢えていた。自分を認めることに。” に対して1件のコメントがあります。

  1. すこはるか より:

    ■涙がこぼれました

    バランスさん、ほんとうにすごいね。
    ほんとうに、すごいよ。
    過去の自分も、今の自分も認められるようになって、
    輝いて見える。

    「人生の色が、変わったかも知れない。」
    ぐっと伝わりました。

    水曜日に再会できるのが楽しみです。

  2. pudding550886 より:

    ■ ステキな朝☆

    おはようございます。今バランスさんのブログを見て、心があったかくなりました。ありがとうございます。

    実は今日、今後の会社での役割について、上司と話あうのでですが、すごく勇気をもらいました。
    水曜楽しみにしています☆

    ばばより

  3. おむつまる より:

    ■すごいです

    子ども時代に頑張っていた自分を、正面から認めてあげることができた。
    ←大人になったバランスさんが、子どもの時の自分を抱きしめてあげることができたような感覚でしょうか?その瞬間は、時空を越えましたね。
    素晴らしい。感動です。

  4. morry より:

    ■ (^-^)

    すごくがんばっていたんですね。
    私もバランスさんをがんばったね!って
    ほめてぎゅって抱きしめてあげたいです。
    よく「自分に自信を持って好きになること」って
    言うけど、自分で体得するまではわかっているのかも
    わからない、言葉だけですよね。
    なんだか中身をしっかりとつかまれたのだな、
    と感じます。
    よかったですね!

  5. 管理人バランス より:

    ◆みんなありがとう。

    こんな、感情むき出しの記事を書いちゃって、正直心配していたんだ。
    (それでも、この記録は書かない訳にはいかない! 誰が何と言おうと!と思って、書いたんです。)

    でも、少なくとも大事な仲間たちには、ストレートに好意的に受け取ってもらえたこと。それを知って、さらにまた、自信を深めました。

    ありがとう。コメントを下さったみなさんに、心から感謝しています。

  6. ゆっこ より:

    ■感動しました

    深い気づきがあったんですね。
    今までずっとがんばってきた自分を認めることができてよかったです。
    メールでもたくさん考えている様子だったので。
    今日お会いできるのが楽しみです。

  7. 管理人バランス より:

    ゆっこさん、ありがとう。
    昨日お会いできて、お話したりお酒を飲めたり、楽しかったです。
    お互いに、これからもどんどん「気づき」を得たいですね。 がんばりましょうね。

  8. yuka より:

    このメールをボストンのアパートで書いています。
    夢だったアメリカの音大に入学出来たものの、様々な問題に立ち向かう日々にうんざりしていた私。
    ふとTVのCMで「Ibarance」というメンタルの薬の名前が目にとまりました。
    処方してもらえるかな・・・なんて思い検索すると、なんとこちらを拝見することになりました(笑)
    結果、このブログがいい処方箋になりました。
    ご縁ですね。
    また、覗きに来させて下さい。
    私も頑張ってるんだー!(笑)

  9. balance より:

    yukaさん

    わ~ 何というご縁でしょう!

    ボストンの方に、こんな目立たないブログサイトを読んでいただけるとは(笑)。 しかも、少しでもお役に立てたようなら、私もとても嬉しいです。

    それにしても、異国の地、新しい大学生活。
    二重の環境の変化は、大きなストレスが掛かっても無理はないですね。
    yukaさんがおっしゃる通り、そんな中で、本当に頑張っていらっしゃるのだと思います。

    どうぞ、上手にガス抜きしたり、自分に優しくしたりしながら、ご自分のペースで取り組んでいってくださいね。

    茨城の地より、お祈り申し上げます。(^^)

コメントを残す