仕事に喰われ、自分や家庭や育児が立ちゆかなくなって、
 教員を辞めてしまった私。

 教員であったからこそ、家庭や親がバランスを崩すことによって、
 子に、計り知れない影響を与えてしまうことは、分かっていた。

 「ワーク・ライフ・バランス」は、
 私にとって、切っても切り離せない問題。

 最初は単純に、
 仕事と家庭の両立が難しい、女性特有の悩みというか、課題
 なのだと考えていた。

 でも、それは浅すぎる解釈だった。

 最近、新聞などにも出てくるようになった、「ワークライフバランス」
 という言葉だけれど、これは、企業の課題でもあり、日本の少子化対策
 を考える上でのキーワードでもある。

 そして、家庭を持つ女性だけの問題ではない。
 男性を含めた、全ての個人に関わる、重要な問題。

 興味を持った方はこちらをどうぞ。↓
  
 ○「ワークライフバランス」を日本で提唱した、第一人者、
   パク・ジョアン・スックチャさんの対談記事。
    http://www.ewoman.co.jp/winwin/58jp/01.html

 ○カウンセラーとして、家族問題に関わっている中尾英司さんの
  ブログ記事。
 http://nakaosodansitu.blog21.fc2.com/blog-entry-210.html

 
 中尾さんは、ブログで面白いことを書いている。
 「work life balance」と書くように、「life」(人生、生きがい・・・いろいろな意味がある、 
 深い言葉です。
は、中心に据えなくてはいけないのだと

 
 私も、本当にそうだよな、と思う。

 個人や家庭が満たされず、無理がある状態では、
 
 企業が、真に生産性をあげることも、
 自殺や少年犯罪の少ない、豊かな社会を実現することも、
 深刻な少子化を食い止めることも、

 なし得ないだろうと 改めて感じる。

 少なくとも、子どもたちの、豊かな成長を考えるなら。