母の日を、祝っても祝わなくても、いいじゃない。

まずは 自分を ととのえる。
お母さんの メンタルサポート、
アイバランスです。

 

今日は、母の日ですね

今日は、母の日ですね。
今年は幸い、娘よりプレゼントをもらいました。

▼カーネーションとケーキをもらいました。

 

私が、実母に花を贈った、という話を聞いて、
娘も、やらざるを得なかったようです。(笑)
こちらは、特に催促などは しなかったのですが、
今日、あわてて 買いに行ってくれました。

(でも、もらうとやっぱり 嬉しいですね。 ありがとう!ピンク薔薇

わが家では、
母の日とか、父の日とか、
特に、恒例のお祝い行事とは、なっていないんですよね。

だから正直、
カーネーションとかプレゼントとかは、
その年によって、
くれる時もあったり、そうでない時もあったり…。

気が向いたら、気まぐれに、
みたいに なっています。

私も、それでいいと 思っています。

 

 

 

感謝やお祝いを 強制されたくない。

 

ここからは、
私がひねくれている話だと思います。
不快に感じられる方は、どうぞスルーしてください。

職業柄、いろいろな事情のある方と関わってきましたし、
自分の、個人的な思いもあると思います。

みんながみんな、
「お母さんありがとう!」
と素直に言える訳じゃない
んですよね。

なのに、

「生んでくれてありがとう」とか
 

「親には感謝して当たり前」とか、

 

そういうの、
強制されたくない

んですよね。

 

幼稚園とか、学校とかで、
いちいち、

「親に感謝しましょう」的な手紙を書かせるとか、
イベント(授業参観に抱き合わせるケースが多い)で、
親に感謝の言葉を言わせる
とか、

ああいうの、
はっきり言って、キライです。

学校の先生は、

親の機嫌とるためにやっているのか?
みんながみんな、喜ぶと思ってやっているのか?
 

・・・なんて、毒吐きたくなります。(笑)

 

感謝するとか、お祝いするとかは、
誰かに 強制されるものではないと思うので、
本人の自由意志に、任せてほしいです。

相手の事情や背景も知らずに、

「感謝すべき」とか
「感謝して当たり前」とか

やられちゃうと、

私みたいなのは、ひねくれて取りますし、
まじめな人は、

罪悪感や自責の念に 

苦しんでしまうことさえ、あります。

 

 

世の中、いろいろな人がいる

「お母さんありがとう」

「お父さんありがとう」

と、素直に言えたり 感じたりできる人は、
素晴らしいことだし、
恵まれていると思います。
 

でも、みんながみんな、そうではありません。

自分の 「当たり前」や「フツー」が、
他の人にも 当てはまるとは限らないこと。

 

それを、どこかでちゃんと分かっている。

時々思い出せる。
そんな私でありたいと、
改めて思った、母の日でした。

 

 

 

投稿者プロフィール
メンタルサポート・アイバランス
 四葉凛子 (よつば りんこ)

・公認心理師。
・トラウマ療法「SE™」
認定プラクティショナー。
・2006年の開業以来、
約1万件の相談に対応。

;心の安定に必要なのは、
アタマ、カラダ、ココロのトータル調整。
目の前の問題解決は もちろん、
背景にある「根本原因」に注目し、
アプローチします。

詳しいプロフィールはこちら
カウンセリングのご予約はこちら
お問い合わせはこちら

 

 

四葉凛子(よつばりんこ)

四葉凛子(よつばりんこ)

まずは自分をととのえる。アイバランス四葉凛子です。公認心理師、シニア産業カウンセラー、トラウマ療法「SE」認定プラクティショナーです。

関連記事

特集記事

コメント

この記事へのコメントはありません。

CAPTCHA


TOP