教えて! 効果的なリストアップ法


教えて!効果的なリストアップ法

みんなも、やりたいこと・すべきことはたくさん持ってますよね。
そして、やりたいこと・気になることを、抱えているけど出来ない・・・。
やりたいけど、時間がない。あれもある、これもある。
どこから手をつければいいの?あーもう!

こんな状態は、やっぱりイライラします。
やりたいんだよ、やらなきゃいけないんだよ。
サッサと済ませちゃえばいいのに、でも、時間がなくて・・・。

私も、ついつい「忙しい忙しい。」言って、分かっちゃいるけど出来なかったり、
または、とりあえず行き当たりばったりでこなして、効率が悪かったり
本当に大切なことが、後回しになっていたりしています。

だ・け・ど!!
こんな状態は、ちっとも建設的じゃないから、私は決意した!

今日から少しずつでも、建設的に消化していく!

だって、少しずつでも大事なことを順番にこなしていければ、
自分にも自信が持てるし、毎日も、気持ちよさそうじゃない?

・・・というか、私は、起業も目指して、ライフバランスも目指して
るわけだから、中途半端にダラダラやってちゃ、やっぱいかん!
本気で、「効率」考えないと。

だから、今までのやり方の、
○そういうことに漠然と手をつけていく。
○とにかく、ガムシャラにパワーだけで押し切る。
・・・は、そろそろ卒業する。

(だいたい、私はやりたいことが多すぎるんだよ。理想は高いし。
制限もあるし。(2児の母ですから!))

だから今回、本気で「リストアップ」することにした。
・本当にやるべきことは何か。
・後回しでいいものはどれか。
・効率的な順番は?
・・・を、知るために。

優先順位をつけ、グルーピング整理をするための、リストアップ。
そしてこれらを、毎日、毎月のスケジューリングに
落とし込んでいこうと思う。
(スケジューリングのツールとしては、フランクリン・プランナーを使う。)

(ちなみに、こういう作業をする時は、自分が一番大切にしたいこと、
ミッションや価値観、などが明確になっている必要がある。
書籍「7つの習慣」や、手帳システム「フランクリン・プランナー」を
知ると、そのへんのことが詳しく書いてある。でも、とりあえず
私は、そのへんはある程度固まっているので、多分問題なし。)

私がリストアップしたいのは、主に以下のもの。

1、イラ種リスト
(イライラさせる原因となる物事。さっさと片付けて、
毎日を気持ちよく過ごしたいから。)

2、ワクワクリスト
あんなことしたい、こんなことやろう、そんなワクワクリスト。
(もちろん、起業・ビジネス関係含む。)

3、1や2を現実に消化するための、具体的な細かい行動

・・・でね。今までにも、こういう作業を中途半端にしたことは
あったんだけど、イマイチ、これ!というスタイルが見つからないの
それで、今回ブログで、みんなに訊いてみようかな、と考えたんだ。

今までに私がやってきたor考えてみた、リストアップ方法。

(1)パソコンを使って書き出す。
・ワードの「アウトライン表示」を使う。
・アイディア・プロセッサー・ソフトを利用する。
→便利な部分もあるし、保存性・加工性には優れていると
思うんだけれど、イマイチ制約があって、使いにくい。
手書きの方が、自由に発想できるように思う。

(2)大きな紙(模造紙やカレンダーの裏)に書き出す。
・自由に書けるんだけど、保存性がいまいち。
・できれば、後で見直したり、訂正を加えて再活用したりしたい。

(3)A4ノートなどに書く。
・保存性、後から見直す、再活用する、にはベター。
・悪くはないんだけど、ページがまたがると、閲覧性に
やや難が…。(結構、どんどん書く方なので。)
・挙げた事項を動かして、順番を変えたりグルーピングをしたり
するのが、難しい。(書き直す必要がある。)

(4)ふせんやカードを使う。
・挙げた事項を、優先順位順に並べたり、
グルーピングしたりするのには、都合がいい。
・保存性が難。→ノートに貼るしかない?
でも、ひとつひとつ貼るのは、意外と手間だったり、汚かったりする。
・ふせんやカードにひとつひとつ書き出すのは、作業的には、
ちょっと面倒な部分もある。(ノートや普通の紙の方が、
思いのままに、スラスラ書ける部分も・・・。)

・・・という訳で、どれも一長一短なんだよね・・・。

何か、いいアイディアを持ってる方がいたら、教えてもらえませんか?
新たな(5)案でもいいし、折衷案でもいいし、(3)は、こうすると
解決するんじゃない?みたいな案でもいいし。

ぜひぜひ、お願いします!!!

 

アイバランス四葉

アイバランス四葉

まずは自分をととのえる。アイバランス四葉です。公認心理師、シニア産業カウンセラー、トラウマ療法「SE」認定プラクティショナーです。

コメント

この記事へのコメントはありません。

CAPTCHA


アイバランス四葉

アイバランス四葉

まずは自分をととのえる。アイバランス四葉です。公認心理師、シニア産業カウンセラー、トラウマ療法SE認定プラクティショナーです。

TOP