「HAPPYママ育自を引き継ぎました。(1)」の続きになります。

私が、HAPPYママ育自での活動を通して、信念と言えるくらいに 実感していること。それは、

イベントの継続的成功は、
トリプルHAPPYなくして、あり得ない。

ということです。

トリプルHAPPYの「トリプル」とは・・・ 
イベントが”講座”の場合は、以下の3者のことを指しています。

(1)受講生
(2)講師
(3)主催者

この3者が、みんなHAPPY(トリプルHAPPY)でなければ、 いけないのです。そうでないと、そのイベントの継続的な成功は あり得ない。 私はそう固く信じるようになりました。

      


(1)は、イベントに来て、サービスを受けて下さるお客様
ですね。
時には、お金を出して来て下さる。
だから、まずは (1)受講生のHAPPY(満足感や納得感)抜きには、 イベントの成功は語れません。イベントや講座を開催する以上、 一番に優先したい部分です。

 

(2)は、サービスを直接提供してくれる人です。
イベントが演劇なら、「役者」さん。講座やセミナーなら「講師」。 スポーツ大会なら「選手」に当たります。

もっと詳しく言うなら、私はここに、次の人たちも加えたいのです。
そのイベントで、保育サービスを設けているなら、担当してくれる 「保育サポーター」。 会場を借りているなら、その「会場主」。 スポンサーに資金などの援助を受けているなら、その「スポンサー企業」 なども入ると考えます。

要するに、その人たちの手を借りないと、イベントの実施が 直接的にままならない。 そんな、直接的なサービス提供者を イメージしています。

この人たちのHAPPYも、忘れてはいけないのです。
そのイベントのために、直接的なサービス(または施設や資金)を 提供してくれる訳ですから。 ですから私は、その人たちには、 それに見合う「見返りやお礼」は、必ずお渡しするべきだと 考えています。

しかるべき金額での「謝金」もそうですし、もし諸事情でお金が 渡せないのなら、別の形でのメリットや満足感でもいい。
とにかく、何らかのHAPPY、何らかのメリットを、お渡しするべきです。

世の中には、無料の講座、無料の保育サービス、無料の試供品 などもあるので、ついつい甘えた気持ちを持ってしまうこともありますが、 それを提供してくれる方たちが、何の見返りもないのに、無料奉仕を して下さるなんてことは、あり得ないはずです。 (受講生にとっては無料でも、主催者側が別に、きちんと謝礼をしているはずです。)

サービスを提供してくれる方たちに、必要最低限の謝礼も考えずに、 自分たちだけ得をする、自分たちだけメリットだけを頂く、というのは、 ひどく甘えた勝手な考え方だと思います。 Win―Winになっていない 甘えた依頼は、決して継続しないものです。

 

最後に、(3)主催者ですね。
私たち HAPPYママ育自も、結局は「イベント主催グループ」と 言えると思います。 だから、(3)の存在なんですね。

私が子どもの頃は、この「主催者」とか「プロデューサー」とかいう 存在があることは、全く理解していませんでした。
(1)の受け手と、(2)の提供者がいれば、イベントは成立するものだ と思っていました。 でも、違かったんですよね・・・。

夏の高校野球も、プロ野球の試合も、(1)の観客と(2)の選手の 存在だけでは、開催されない。オリンピックだって、文化祭だってそう。
誰かが「やるぞ!」と言って、「どんな内容にしよう。」「どんな風に 人を集めよう。」と考えてくれなくては、イベントは始まらない。 そして、実際の開催に至るまで、様々な準備を進め、動かして いってくれなくては、イベントは成立しないのです。主催者がいて、”企画”や”宣伝”や”運営”や”調整”を してくれるから、イベントが成立するのです。

 

そして、その企画や宣伝や運営などには、多大な時間や 労力が掛かっています。

だからこそ・・・
主催者にだって、それ相応の見返りやHAPPYがなくては、 そんなこと、続けていられないのです。

私は、これからも講師としてやっていきますが、
ここの部分は決して忘れまい、と考えています。

「自分の講座が素晴らしいから、お客様が来るんだ。」
「ここに講座が開催されるのは、当然のことなんだ。」
そんな、主催者側の苦労を思いもしない、あるいは 過小評価している講師にだけは、なりたくないと思うのです。

講師がスゴイから、人が集まるのではない。
そこまで準備してくれた主催者たちがいるからこそ、 きちんと人が集まり、そして講座が開催されるのです。
その感謝の思いを忘れて、その苦労を当然のように受け取っているのでは、その講師は、きっと長くは続かないと思います。

決意の思いで、繰り返します。

イベントの継続的成功は、
トリプルHAPPYなくして、あり得ない。

受講生や 主催者のHAPPYを常に考える。
もちろん、講師である自分自身のHAPPYも! そんな講師に、私はなります。

貴重なことを教えてくれた、「HAPPYママ育自」。
そして、これからも「HAPPYママ育自」として、地元の お母さんたちのために、有意義なイベントを提供しようと考えてくれた、 引き継いでくれた、仲間のみんな。

本当に、ありがとう。

私は講師として、できる限りのパフォーマンスができる様に、 頑張っていきますね!