46歳の誕生日と、糖質制限について。

年々、年を取りますね。
当たり前だけど。

だんだん、自分が何歳だったのか、覚えていられないようになってきました。
44も45も46も、たいして変わらないでしょ。(笑)

 

 

さて、以下、facebookでもご紹介しましたが、
今年の誕生日は、娘(高1)から、こんなプレゼントをもらいました。

私が 糖質制限でダイエット中なので、「糖質制限ソフトクリーム」と。
それから、私の 大好きな 「かすみ草」

小遣いで、ちょっとスーパーで買ってきた~みたいな感じでしたが、とってもウレシイ!!
ありがとう♪

 

 

ちなみに、5月に断食に行ってきてから、家族を巻き込んだ 糖質制限(でも”ゆるめ”)を継続中です。

断食で下げた体重より、さらに-1㎏、合計5㎏、減らしましたよ~♪
\(*’▽’)/

メタボのダンナも、4~5㎏減った模様。
いいぞいいぞ、もっと減らすのだ。健康のために。

 

ダイエットだけでなく、うつや 発達障害にも、糖質制限が効く?!

ところで、ご存知ですか?
糖質制限は、ダイエットに効くだけじゃない!らしいのです。

私は、ソマティック(身体)を重視した心理療法をやっている関係で、心と身体の関係について、知識や経験が豊富な専門家(精神科医も含む)に接する機会が、意外と多いんですね。

そして、そのような方たちから、最近よく聴く話題、ホットな話題が、コレなのです。

 

・今、分子栄養学という分野があって、

・「糖質(炭水化物や砂糖など)」の過剰摂取が、「うつ」や「発達障害」「慢性疾患」の原因になっていることもある!

加えて、たんぱく質、ビタミンB、鉄分、亜鉛などの欠乏が、心身の健康には 非常に良くない!

栄養型うつという言葉もある!

・・・らしいのです。

もちろんこれまでだって、食事や栄養が大切で、心身にも影響を与えているだろうことは、何となくは分かっているつもりでした。
ですが、それが最近(ここ5~10年くらい?)「分子栄養学」とか「血液栄養分析」というフィールドで、科学的にも臨床的にも、明確になってきたようなのです。

 

ご興味ある方は、以下のような本もありますよ。
知人の専門家が勧めてくれた、「マンガやイラストが豊富で分かりやすい」分子栄養学の本です。
私も買って読んでいます。確かに分かりやすくて、オススメです!

血液栄養解析を活用! うつぬけ食事術