先日、ダンナとの結婚16周年の記念日でした。
 

もう16年…。
早いなあ。
 

そして、今も変わらず、ダンナが元気で そばにいてくれること。
それが、とても嬉しいです。

 
 

▼2人でいただいた、フランス料理のディナー

フランス料理のコースをいただきました

職業柄、ダンナ様など大切な人を突然亡くされた方の、悲痛なお声を聴くことがあります。
 
居て当たり前の、空気のような存在の人を亡くすこと。
もっとああすればよかった。感謝の気持ちを伝えてなかった。こんなに大切な人だったなんて。…そう言って、涙されている方のお話を聴くたびに、本当に身につまされる気持ちになります。

 
 

私にとっても、ダンナは、とても大切な最愛の人です。

 
 

彼がいるから、こうして、大好きなカウンセリングの仕事も出来ているんだと思います。
子どもたちとの生活も、悩みながら、やっていけてるんだと思います。

 
 

私の一番の幸運は、彼と出会えたことですね。
 
私の両親は仲が悪く、母がいつも父の悪口や愚痴を言っている。そういう環境で育ちましたが、幸い、私たちは そうならずに済んでいます。それは、とても幸せなことだと思います。

 
 
もちろん彼には、
 
「メタボのくせに、食生活を全く改善してくれない!」とか、「食洗機への食器の入れ方が雑で気に入らない!」とか、「言葉が少なくて、もっと言葉で伝えてよ!」とか、不満な所だってあります。

 

 

でもやっぱり、 とても大切で、かけがえのないパートナーです。

一日でも長く、一緒に、当たり前の生活を送っていけますように。

 
 

生きてくれているだけで、感謝です。