9月6日、初めて本格的なスーパービジョンを受けた。


■スーパービジョンとは
         ~「現代カウンセリング辞典」より~

 スーパービジョンとはカウンセラーの対応を指導することである。
初心のカウンセラーだけでなく熟練してからもスーパービジョンは
必要である。第三者に指摘されないと自分の言動の癖には気付かない
傾向があるからである。

 カウンセラーの対応の仕方の何を指導するのか。一般的に言えば
以下の諸問題についてスーパーバイザーとカウンセラーが検討する
ことである。

(1)ストラテジー(対応計画)の立て方
(2)スキル (例:質問の仕方、強化の仕方)
(3)カウンセラーの内面 (例:対抗感情転移)
(4)クライエントの内面 (例:感情転移)
(5)カウンセラーとクライエントのリレーション
(6)インフォームド・コンセント、作業同盟
(7)問題の核心
(8)問題解決の方法 (例:連携の仕方)
(9)カウンセラーが困っている問題
(10)カウンセリング全体の流れ
 ・・・ (中略)

カウンセリング・スキルが研究されているほどには、スーパービジョン・
スキルは研究されていない。スーパービジョンのねらいは2つである。

(1)カウンセラーをサポートして自信を与える。
(2)対応の改善点に気付かせる。


 

私がスーパーバイザーになってもらった(指導を受けた)のは、
産業カウンセラー協会、東関東支部の理事をされている方。

現役カウンセラーとしても、 カウンセラーの教育プログラムを
立てる方としても、スーパーバイザーとしても、申し分ない経験を
積まれている、本当にプロの方である。

・・・スーパービジョンを実際に受けてみて。

ものすごい勉強になった。

あまりに内容が濃すぎて、まだ、ちゃんと消化できていない。

私の癖や問題点、今後のために必要なことを、
「わたし自身に気付かせる」ように、質問や鏡になることで、
返して下さった。(まさにカウンセラー!)

私が相談したのは、産業カウンセラーとして働いている企業での、
まさに今悩んでいる事例だったのだが、
今回の相談は、その事例のことに留まらない勉強となった。

私が「産業カウンセラー」として、もっと持っていなければならない
視点や知識、方法も、教えて(気付かせて)もらった。

・・・それにしても、あまりにも内容が濃くて、
(自分には なかった視点や気付きを たくさんもらったので)
カウンセリングを受けて、新たな気付きや視点に、
すぐに消化ができないクライアントさんの気持ちが、
ものすごく良く分かった。(^^;)

カウンセラーには、進んでスーパービジョンを受けることが
求められているが、今日の体験を通して、本当にその通りだなと
実感した。 そして受けるなら、やっぱり、今回私が受けたくらいの、
経験や知識を持つ「プロ」に、受けなくてはいけないんだなと感じた。

今回学んだことを、とにかく自分の中で まとめておこう。