2008年9月27日

9月27日、産業カウンセラー協会が主催する、
「心を伝えるアサーティブネスを学ぼう!」という1日研修に
参加しました。

講師はなんと、アサーティブジャパン代表の「森田汐生(しおむ)」さん。
日本に、アサーションやアサーティブスキルを伝えている、
第一人者の方です。 私が 今回の研修に参加することを決めたのも、
「アサーティブジャパン代表の方に、直接教えてもらえるなんて!
またとない機会だわ!」 ・・・というのが、一番の理由でした。

ちなみに、「アサーティブ」、「アサーティブネス」とは・・・
簡単に言えば、

”自分も相手も尊重して、自己主張すること。
または、そのコミュニケーションスキルのこと”
 
を指します。

ここでは詳しい説明は省きますが、
アサーティブやアサーション(どちらも、ほぼ同じものを指しています)は、
これからの現代人にとって、とても大切なスキルだと、私も考えています。

特に私は、カウンセリングやママ向け講座で、
たくさんの悩んでいる方のお話を聴いていますが、
「自分の思いや意見を適切に伝えることができなくて、
悩んだり苦しんだりしている人」 
を、たくさん目にしてきました。
それで余計に、アサーションやアサーティブを学ぶことの有用性を
感じてしまいます。

私が、講座やカウンセリングを通して、皆さんにお伝えしたいスキルの1つです。

さて、そんな諸々の思いがあって参加した、今回の研修ですが。
もちろん、アサーティブの勉強(&ロールプレイでの練習体験)ができ、
とても有意義でした!

でも私には、それよりも何よりも、講師である森田汐生さんの、
その姿勢や 講座の進め方の方が、とても勉強になったというか、
得るものを感じてしまいました。
 
(^^;)

(ちなみに、森田さんは女性なんです! お名前しか知らない時は、
私はずっと男性だと思っていました。 また、彼女の年齢は分からない
のですが ・・・私よりは年上だと思います・・・ お若くて生き生きと
されていて、同性として、ああなりたい!と思えるステキな女性でした!)

アサーティブ(アサーション)の精神は 「自他尊重」ですが、森田さんは、
さすがに そこに惚れ込んで、日本中に伝えている方ですね。
講座の進め方や、一人一人の発言の捉え方などが、まさに「自他尊重」で、
的確
だなと思いました。

特に、講座の最初に、相手のニーズや期待、懸念されることを
予想しておいて、(事前にリサーチもしたのかも知れませんね)
そこを統一したり、確実にしたりしてから、講座の内容(本題)に
入っていくところ
 が、とても素晴らしいと思いました。

今回の場合は、私自身が気になっていた、

・アサーションとアサーティブの違いは?
・アサーションでたくさんの書籍を出している、平木 典子さんとの違い。
・アサーションやアサーティブを、心理学的に捉えるのか、
ソーシャル・スキルとして捉えるのか。
・今回の講座は、産業カウンセラーたちが受講しているもの。
カウンセラーとして、クライアントさんにアサーションを教えたい・・・と
思っている場合、今回の講座は、その期待やニーズに応えるものなのか。

・・・のような疑問やニーズが、きっと、受講生の中にあったと思うんです。

そこの部分に、森田さん自らが、最初にしっかりと説明と統一を図って
いらっしゃった。そうして、受講生の意識やニーズ、この講座の方向性を
明確にされて、よりポイントを絞った、有意義な講座内容にして進めていかれた。
そこのところが、本当に素晴らしいと思いました。

私自身、その事前説明(統一)があったからこそ、安心して、今回の講座を
受けられたなと感じています。

・受講生の意識やニーズを統一すること。
・ありがちな疑問や不安を、最初に片付けてしまうこと。

講師として、外せない見習いたいポイントだと思いました。

・・・とまぁ、こんな感じで、とにかく勉強になったのです~。

また、脱サラ(脱公務員?)して、一応、「女性起業」した身としましては、
森田さんが語る、これまでの経験や信念、そうして積み上げてきた、
今の立ち位置など、本当に学ばせてもらったり、共感したりするものが
ありました。 そんな様々な経験が、森田さんご自身の雰囲気に、すでに
ステキに滲み出ているんですね。 そんな部分にも、私は、とても感動を
覚えました。

夢や信念に向かって、しかも社会貢献を目指して生きている人は、
本当に、まぶしいくらいに輝いていると
思います。

私も、ああ在りたい。

そんなことを、深く感じさせられた機会でした。