頑張っている息子に、不安を覚えて。

息子と、”結果ありき”の人に向けて

今回の記事は、
いつか息子に読んでもらいたい、
という気持ちで書きます。

それから、
「結果が出なくちゃ意味がない」
「評価されないとダメだ」
と思い過ぎている人に向けても。

▼ちなみに、写真は息子ではありません。あくまでイメージ画像。(^^;)

結果が出なくちゃ、意味がない?

息子(18歳、専門学校1年生)は、
息子の人生史上、最大じゃないか?
と思うくらい、

今、本当に頑張っています。

▼参照記事はこちら
実は、キーパーソンの息子
10年掛かって、息子から聞けた一言
息子との経緯について。少し概要。

昨日は、専門学校で
自分の企画をプレゼンする、という大舞台がありました。

この日に向けて、
息子は、本当に頑張っていました。

普段は絶対読まない本を読み、
情報を調べ、
自ら説明画像を作り、
パワーポイントを駆使して、
プレゼン資料を作っていました。

そして、それを私たち家族や先生に見せては、
意見やアドバイスをもらって、
何回も何回も、ブラッシュアップしていました。

皆の前で発表するのは緊張するからと、
詳細な台本を作り、
練習やリハーサルを重ねていました。

私は早く寝ろ、と言っているのに、
前日や前々日は、
明け方近くまで、
取り組んでいました。

そして、昨日のプレゼン発表。

有り難いことに、
多くの人に評価をもらったらしいです。

「〇〇君の企画に参加したい」
と、何人ものゲームプログラマー(の卵)に
オファーをもらえたとのこと。

息子は、頑張ったかいがあったと、
大変喜んでいたし、
私も、彼の努力が報われたようで、
本当に本当に、嬉しかったんです。

良かったね~! 頑張ってたもんね!
と、一緒に喜びましたよ。

ですが一方で、息子のこんな言葉に、不安も覚えました。

「結果が出せきゃ、意味がないから。」

「自分のアイデンティテイが掛かっている。」

「これだけ頑張ってダメなら、退学しようかと思っていた。」

それだけ、息子が
「懸けていた」
「本気で頑張っていた」ということは分かります。

ですが、正直この考え方は、
危険で、心配だとも思いました。

努力=結果、評価ではない。

これは、息子にも昨日、
直接伝えたのですが…。

でも、彼はまだ若いし、
今回は「結果が出せた」わけだし、
なかなか、ピンと来ないようでした。

そりゃあ、そうですよね。
だけど、やっぱり伝えておきたいのです。

その考え「だけ」で突き進むと、
いつか必ず、
行き詰まって(息詰まって)しまいます。

世の中には、
コントロールできることと、
できないことがある。

「結果」や「周りの評価」は、
コントロールし切れないもの。

そんな「結果」や
「周りの評価」に、
自分を預けてはいけない。

そんなもので、自分の価値を
はかってはいけない。

…長くなりました。
続きはまた、明日の記事で。

続きの記事はこちら

 

 

 

アイバランス四葉

アイバランス四葉

まずは自分をととのえる。アイバランス四葉です。公認心理師、シニア産業カウンセラー、トラウマ療法「SE」認定プラクティショナーです。

コメント

この記事へのコメントはありません。

CAPTCHA


アイバランス四葉

アイバランス四葉

まずは自分をととのえる。アイバランス四葉です。公認心理師、シニア産業カウンセラー、トラウマ療法SE認定プラクティショナーです。

TOP