浅田真央ちゃんのこと。

私もやっぱり気になってしまって、研修期間中だというのに明け方まで夜更かしをして、テレビで試合の様子を観戦していた。

試合が終わって点数が出た時。
その直後、テレビの記者が真央ちゃんにインタビューした時。
試合後の、テレビの人たちの困惑したコメントを聞いて。

何だかもう、いたたまれなくなって、テレビを消して床に就いた。
朝になっても、何だかこわくて、テレビのニュースを観られない。

 

オリンピックが始まる前から、真央ちゃんのことは気になっていた

あまりにも、日本中の期待や注目が、集まりすぎてやしないか。
私ももちろん、真央ちゃんのことは大好きだし、気になるし、彼女も周りも望んでいる「金メダル」を、何とか取らせてあげたい。
彼女が、本当に本当に頑張ってきていることは、素人の私にも、痛いくらいに伝わってきていたから。

だけど、彼女にとっても日本中にとっても、OKの結果が「金メダル」しかないなんて。
その、許される選択肢が1つしかない限定感に、まるで私まで、胸がつぶされるような思いがした。

私のような一般人でなく、アスリートなら、こんな限定された物凄い重圧感に耐えられるのだろうか。

 

あぁ、何とか金メダルを取らせてあげたい。
それでないと彼女が許されないのなら、何とか取らせてあげたい。

祈るような気持ちで観戦していた。
多分、多くの日本人が、そんな思いで応援していたんだろう。

 

そして、明け方のショートプログラムの結果。

 

・・・でも、私はカウンセリングの時にもよく話すのだけれど、

「世の中には、コントロールできるものと、できないものがある」。
「結果は、コントロールすることができない」。

どんなに頑張っても、どんなに正しくても、どんなに完璧でも、
「どのような結果が出るか」は、コントロールできない。
結果に近づく「努力」は、コントロールできたとしても。

 

明日には、フリーの試合が残っている。

ここまで頑張ってきて、引退も決めている彼女に、とにかく、悔いのない納得した滑りをしてもらいたい。
金メダルは叶わなくても、何としてでも「納得感」や「達成感」は持ち帰ってもらいたい。

 

そのために、このわずかな時間、少しでも彼女の環境を整えてあげて

今は、どんな励ましもなぐさめも、言葉はいらないんじゃないだろうか。
みんなの思いは、下手な言葉にしなくても、伝わっているから。

ただ黙って、ただ そばにいて。

温かい思いで、ただ、そっとしておいて。 

ただただ、そこにいて。

 

真央ちゃんに、静かな時間をあげてほしい。

彼女に親しい人だけが、彼女のそばにいてあげる。 
彼女がしたいように、そっとしておいてあげる。

そんな十分な時間や空間を、今こそ、彼女にあげてほしい。

今、トラウマセラピーのSEを学んでいる最中だけど、
このような大きな重圧感や、コントロールできない事態に関しては、まさにSEの基本精神、「本人に内在する力を信じ、十分な時間や空間、相手への温かい気持ちをもって、自然なプロセスを待ってあげる」が、彼女を一番早く、回復させる気がするな・・・。

 

浅田真央 そして、その瞬間へ (読み物単品)
浅田真央 そして、その瞬間へ (読み物単品)