2008年4月17日

「お告げがあったんです!(1)」の続きです

ここで、ちょっとだけ関係するような、不思議な出来事を明かしちゃいますね。

私、先日 産業カウンセラーの資格を取得して、 昨日(4月16日)より正式に、
(株)クボタ筑波工場の産業カウンセラーとして、働くことになりました。

(実際に働くまで&先方の許可をもらうまで、公表することを避けていたのですが、OKをもらったので、ブログ読者の  皆さんに、ひと足先に公表しています♪)

クボタって、あのクボタですよ!
トラクターとか農機を作っている、あの大手企業のクボタです。

産業カウンセラーの資格を取得している人は大勢いますが、 正直、資格を取得したからと言って、実際に企業の 産業カウンセラーとして働ける人なんて、ごく一部なんです。

だから、私みたいな無名な人間が、いきなりクボタさん みたいな大企業のカウンセラーとして入れるのは、本当に、 信じられないような奇跡というか、快挙だと思うんですよね。 (自分で言うなって? 笑)

 

ダンナとも話しているのですが、
今回の産業カウンセラーの話は、どう考えても、上手く 行き過ぎているというか、神がかり的なご縁とスピードで、 まとまった話なんですよね・・・。

 

昨年夏に、たまたま出会ったクライアントさんが、 たまたま? 私のことを気に入ってくれた。
そして、このクライアントさんが、たまたまクボタの社員さんで、 クボタが、たまたま産業カウンセラーを探していた。

昨年秋、どうせダメだろうと思いつつ、たまたま、 このクライアントさんが、私にそんな話を投げかけてくれて、 彼女が言うには意外にも? 私は乗り気になってくれた。

でも私は当時、カウンセラーと名の付く資格は全然持っていなく、 (バッチ国際プログラムの資格で、バッチフラワーレメディを使った カウンセリングを行っていたので。)
彼女に そんな話を出されたことをきっかけに、 「やっぱり、何でもいいから、カウンセラーと名の付く資格を 取っておこうかな~。」なんて、その時初めて、思い始めたのです。

そこでいろいろ調べてみたら、その名も「産業カウンセラー」 という資格があることを知って。
じゃあ来年あたり、この資格を取得できる「養成講座」でも 受けてみようかな~なんて、気楽に考えていたんですね。

 

そうしたら、これも「たまたま」なんですが、 なぜかダンナが、産業カウンセラーのことをいろいろ調べてくれて。
そして、私の場合、もしかしたら7ヶ月間の養成講座を受講しなくても、 産業カウンセラーの資格取得試験を、受験できるかも知れないと。 問い合わせるべきだと、そうダンナが教えてくれたんですね。

じゃあ、と思って、いろいろ調べたリ、問い合わせたりしてみたら、 本当に産業カウンセラーの受験資格を、私がすでに満たしていたことに 気が付いて。

それが、昨年の11月中旬頃なんです。

 

次の産業カウンセラー資格試験の受験日は、2か月後の、翌年(つまり今年の)1月
受験の申し込み受付は、2週間後の、12月上旬まで。


もう慌てて、卒業した大学に成績証明書を取りに行ったり、 必要な書類を準備したりして、滑りこみセーフで受験申請をしました

けどこの時は、まだまだクボタの話は、本格的には なっていませんでした。
私はただ、先のような話をもらったことで、このような資格が あることや、それを私が受験できること。しかも、次の受験に 間に合ったこと。そのご縁を頂いただけでも、奇跡的で有り難いことだと、本当にそれだけで、ただただ感謝をしていたのです

 

学科試験までは実質2ヶ月なかったので、もう、猛勉強しました。

でも、勉強する内容は、結構知っていることが多かったんですよね。
大学時代にも、心理学関係は学んでいたし、 私自身カウンセリングをやっていることもあって、必要に迫られたり、 好きだったりして、結構、心理学の知識だけは持っていたんです。

私が、「たまたま」読んできて、本や専門書から得ていた知識。
または、1年くらい掛けて、カウンセリングの実践を積んできたこと。
そのことが、ものすごく大きな貯金になっていたようです。
すでにその経験で、立派な受験勉強ができていたようでした。

 

そして、今年1月下旬、学科試験を受けて、
2月上旬の実技試験も無事に終わって、
この頃から、クボタさんでの産業カウンセラーの話が、具体的に なってきました。

でもやっぱり、ある程度の資格がないと雇えない ということになり。
(そりゃそうだ。(^^;))
 その「ある程度の資格」は、「臨床心理士」または「産業カウンセラー」ということで、とにかく、産業カウンセラーの受験結果を待つことに なりました。
産業カウンセラーの受験結果が出るのは3月下旬。

でもなぜか、合格することを前提に、クボタの話が進んじゃった んですよね・・・。(^^;)
これも、不思議だと思っているのですが・・・。

「今年の4月から、まずは月1回、様子を見ながら回数を増やす形で。
 先生のご都合は大丈夫ですか?」なんて。

もちろん私は乗り気だったのですが、なんせ受験の結果も出ていないのに、採用の話だけが、ドンドン進んでいってしまったので、 内心は、もうビクビクものでした。
落ちてたら、ど~しよ~!! って。(笑)

ところが、有り難いことに合格!
それが、先月の3月下旬のことです。

そこで、無事、採用してもらえることになって、昨日4月16日初出勤をすることができた!!
そういう訳なのです。

 

(ちなみに、初めての男性相手のカウンセリングに、最初はどうかな~という気持ちもあったのですが、全然問題ありませんでした!  悩んで苦しんでいる人に、男も女もありませんでした! ヨカッタ!)

・・・それにしても、産業カウンセラーという資格を初めて知ってから、
わずか半年足らずの話ですよ?!
ちょっと、信じられない話だと思いません?

 

ちなみに、こんな事を言ったら怒られてしまうかも知れませんが、 産業カウンセラーとして働くこと自体が、私の真のお役目では ありません。 あくまでこれは、1つのステップ、1つの要素なんだと捉えています。

話は変わるようですが、先日、「オーラの泉スペシャル」で、宮崎県の東国原知事が ゲストとして出ていたんです。

その時に、彼のお役目は、「知事」の方にこそあったんだ、 という話がありました。
そして、「そのまんま東」さんとして芸能界で有名になった経験は、そのための大事なステップだったと。
彼に、いくら知事としての才能や実力があったとしても、無名で あったのでは、誰も注目してくれない。 大きな道を開くための、 賛同や協力が得られない。影響力を与えられない。

だけど、東さんは芸能界で有名になった経験があるからこそ、今、みんなが注目してくれるし、まさに大きなことや、お役目で あることを果たすことができる。普通は、知名度のある芸能人が、国会議員や都道府県の知事になっても、騒がれるのは最初の2~3ヶ月。 なのに、東さんの 場合は、1年以上も続いている。 

美輪さん曰く、どう考えても、人智の及ばない力が働いている じゃないか、と。
県知事の今の仕事が、東さんにとって、「お役目」または「光の仕事」であるからこそ、普通では考えられないくらい、恵まれているような状況が続いたり、サポートされたり しているのだ。

・・・と、そんな感じの話があったのです。

 

私はそれを聞いて、「ああ!」とすごく思ったのです。

そうか! 私にとっての産業カウンセラーは、まさに それ なんじゃないかと。

 

私が、今のように無名で、これまでのように、世間で認められる 資格も実績も持っていないのでは、私がやろうとしている活動を、 今後、大きく拡げていくことは難しい。

でも、一応 産業カウンセラーの資格をとって、しかも、クボタさんのような一流企業で働いているという実績があれば、
きっと世の中の人たちも、認めてくれるようになる。 特に、常識的な人、行政の人たちなどは、それがあることで、
初めて活動を許してくれたり、認めてくれたりすることがあるだろう。

 

・・・そのための、今回の不可思議な流れだったのかしら・・・。

 

そう思うようになったのです。
だってだって、本当に、1年前の私には、産業カウンセラーの「さ」の字も なかったのですから!!

そういう訳で、なんだか上手くまとまらないのですが、
これは、偶然じゃなく必然だ!!!
今回の経験は、「させてもらっている」。その感謝の気持ちを 忘れずに、もっと大きな、真のお役目の方に向かっていかなくては。 北極星を捕まえに行かなくては。

そう私は、実感したのです。

 

・・・自慢話のような、妙にスピっている(笑)ようなお話に、最後までお付き合い頂き、本当にありがとうございました。

 

最後の補足として、今回の話を、スピリチュアルな出来事と受けとめるのでなく、「行動すれば次の現実」という見方で、
受けとめてもらうことも出来ると思います。そちらの方が気になる 方は、どうぞ こちらの記事で紹介している「成功曲線を描こう」の 本をご覧下さいませ。