カウンセリングをさせてもらうようになって、2年になる。

最初の頃は、こちらの力量や知識が豊かであれば、「きっと人を救える」
なんて、安易に考えていた。

でも、最近つくづく思う。

結局人が変わるのは、その人自身の力なのだと。

私の投げかけは、その人がちょっと忘れている、自分の力に
気付かせてあげること。

混乱しているところを、ちょっと一緒にほぐしてあげること。

とことん、その人の鏡になること。

とことん、その人を信じて、味方になってあげること。

・・・・それに尽きるんじゃないだろうか。

それが、その人の貴重なきっかけとなることもあるし、 
ちょっとした、マッサージにしかならないこともある。

でも、その人にはその人の タイミングや力があるのだから、
それを信じて、お任せするしかないのだ・・・。
私が無理強いして良い結果になることは、ほとんどない。
(一時的に高揚させても、続かなければ意味がない。)

***

最近、ずっと継続して関わってきたクライアントさんを見て、
「あぁ。変わったなぁ。ずいぶん回復されたなぁ。」と実感することがあった。

彼女の状態は、”毛糸の球”に例えたら、あまりにもからまっていて、
きつくギュウギュウとなっている状態。 本人も、そのからまりが固すぎて
訳が分からなくなっている。 そして、とにかく痛くて苦しいのに、
どこから手をつけてよいか分からない。 そんな感じだった。

一つ一つ、糸をほぐしていく作業だけでも、だいぶ時間がかかった。

・・・ここまで、本当に長かったし、回数も重ねてきたけれど・・・

でも今! 
彼女の中に、ここまでパワーが育ってきた!

この事実に、まず深い感動を覚えた。
やっぱり、人は成長するのだ。回復するのだ。

そしてこれは、彼女があきらめずに、根気よく誠実に
取り組んできたからであろう。
私の力ではない。

私は、寄り添って鏡になって、追走することしか出来ないのだから。
実際に、人生をマラソンしてきたのは、彼女である。

彼女の力と人間の力に、私は、大きな感動を覚える。

カウンセラーやコーチの出来ることなんて、たかが知れている。
万能でも神様でもない。単なるきっかけ、単なる鏡だ。

育てるのは、その人自身の力。 生きる力。

私は、育とう生きようと がんばっている人に、少しでも良い形で、
「鏡をあて」、「温めて」いける存在になろう。

そのための勉強や経験を積んでいこう。

私はやっぱり、この仕事が大好きだ。