波紋なんて言うと大げさなんですけど、
12月22日に書いた「こんの、クソガキッ!」の記事については、
書いた当初から波紋を気にしていました。
(気にしながらも、敢えて書いたんですけど。詳しくは後で。)

コーチングの重要なスキルに、「視点を変える」というものがあります。

先に書いた私の記事は、まさに「親側」、「私側」の視点で書いたものです。
これに対して、同じような経験をしている「親側」の読者さんは、きっと
共感もしてくれたし、一部の人はコメントも書いてくれたんですよね。
(「クソガキは言い過ぎでしょう!」と思った人も、多分いるでしょうが。
 すみません。 確かにそれは言い過ぎでした。(^^;))

一方、別の見方をする人もいます。
まさに、「別の視点」です。

「子供」の視点。
「第三者」からの視点。

先の記事の最後に、子供側からの視点で、コメントを書いて下さった方が
いました。私はそれを読んで、本当に本心から、「ああよかった。」と
思いました。

そういう視点で考えることが、まさに「正解」だからです。
育児をする身である以上、自分のためにも子供のためにも、
相手側である「子供の視点」になって考える、これは、外せない視点です。

もし、私がああいう親側の視点で愚痴を書き、
それに共感してもらうコメントだけをもらって終わっていたら、
やっぱりそれは、ちょっとバランスが悪かった。
そもそも、子供側の視点に立って考えることは、外しちゃいけない
重要な視点ですから。

そういう意味で、私のためにも、後からこの記事を読むかも知れない方
のためにも、別の、しかも大事な視点からの意見がついたことは、本当に
良かったな、と感じています。


ちなみに私は、敢えて、ああいう記事を書きました。

理由はいくつかあります。

まず一つは、単純に、あの記事を書いた時、私は心が沸騰していた。
そして、同じような体験をしている親御さんは、絶対にいるはず。
子供って、子育てって、本当に思う通りにいかないよね!って、
投げかけたかった。 共感の声も聞きたかった。
それで、敢えて書いたのです。

さらにもう一つ。

私は、自分の発言やブログ記事に、「いつも真面目ことばっかり。」
「優等生的発言だよね。」と言われることを、恐れている部分があるのです。
本当は、マイナス思考も不真面目な所も、いっぱい(?)あるのに。
だから、たまには、ああいう愚痴やマイナス的な事を、書いてみたかった。
優等生的な発言ばかりで、読者が離れることを恐れているのか、
それとも、自分自身、引っかかる部分を持っているのか・・・。
きっと、両方かも知れません。

それから、いつも引っかかっている疑問があります。
前向き思考、プラス思考についてです。

もちろん、そうなるに越したことはないと思っています。
私自身、今以上に前向き思考、プラス思考を身につけたいと思っているし、
ブログでもHPでも、これからだって それを謳う文言は続いてしまうと思います。
なんせ、目指している訳ですから。 どうしても表れますよね。(^^;)

だけれども。

そんな、プラスの部分や強さしか認めない、となってしまうと、
それは何だか違う気がする。
「弱さ」、「愚痴」、「マイナス思考」、「後ろ向きな姿勢」・・・。
人間だもの、あるじゃないですか。多くの人には現実として。

基本は、前向きでプラス思考で、相手の立場も考えられる人間になりたいです。
でも、そんなプラス面や理想しか受け入れられない人間には、なりたくない。

私が、育児や教育を語る時に、どうしても外したくないと思っている
視点があります。 一番大切な視点は、「子供からの視点」。
それは、当たり前だろうけど。

私が、外したくないと考えるのは、「親側」の視点です。
「当事者」の視点です。

私も、かなり理想的なことを言う部分がありますが、

私が一番気に入らないのは、
経験もないくせに、当事者でもないくせに、
知ったような理想的なことを言う人間。

それが、一番気に食わなく感じます。
マスコミに出てくる、机上の空論だけの専門家コメンテーターなどが、
その最たる例です。

経験はないけど、相手に寄り添うような言葉を掛ける。それはまだいい。
(場合によっては、微妙ですけどね。)
でも、経験もないくせに、相手を責めるような、理想的な事を言う人は、
どうしても受け入れられない。

「口で言うのは簡単なんだよ。じゃあ、あんた、やってみなよ。」
どうしても、そう思ってしまうのです。

ただ、理想的・模範的なことも、現場の経験者や実践者が言っている
場合には、比較的 素直に聞くことができます。
 そして、素直に反省する
こともできます。
(”現在”、”現場で” 実践しているということが大切です。育児がとっくに
終わった年輩の女性が、自分の古い知識や経験などで語っている例
などは、ここに入りません。)

育児に、「子供側」の視点を持つことは大切です。
親はついつい、自分側、親側の視点で、子供を見てしまう。
それは、見直さなければいけないことです。

でも。
「親側」の視点も、見失っちゃいけない。
「当事者」である親が、毎日どんな苦労をして、どんなストレスを
感じているのか、そこが抜け落ちた育児論は、私は聞きたくない。

私は、育児ママ「当事者」の視点だけは、決して外さずに持っていたいと
考えています。
少なくとも、自分がこれからしていく、活動においては。

私は、当事者であるママに、寄り添える私でありたい。

・・・長文を読んで頂き、ありがとうございました