講座 セミナー

いや~ まさに生みの苦しみ味わったーーー。

 

毎週通っているクボタでの、全従業員向けメンタルヘルス研修
従業員が2000人位いるので、200人位ずつ×10回で行うのですが、今日はその第1回でした。
ちなみに今年で3年目。

 

一昨年は、「セルフケア」の基本を。
去年は、「コミュニケーション」の基本を。
さて今年は・・・ ということで。

 

私は、4年4か月もこちらで心理相談を請け負っているのだから、この会社にいる私にしかできない、この会社の現状に即した、この会社に今必要と思われる内容を、何とか伝えたい!と とにかく思いました。
(いや、去年や一昨年も多少は考えていたんだけど、ベースは、他の企業でもやれるような、一般的、王道的内容だったので。)

 

相談室でよく聞く声」を挙げることで、職場風土やコミュニケーションのあり方について、気になる部分を問題提起し。

 

その対応策として、この会社で、今一番身につけてほしい、最優先の知識やスキルは何か?をさんざん迷って、そして、今回のものに決定しました。

 

セミナー最後の締めとしては、前々からぜひみんなに紹介したいと思っていた、あるクボタ従業員さんの成功体験を。
彼は、コミュニケーションの取り方について、挫折→気づき→自分の変化→周りも変化 を実現された方で、彼の体験は、きっと多くの人に共感してもらえると思っていました。彼にも、教育研修の場で紹介することを承諾してもらっていた(もちろん、個人が特定できない配慮はしました。)ので、今回やっと、満を持して紹介!という感じでした。

この 彼のストーリーについても、いかに効果的に、しかも決められた時間(今回は5分程度)にまとめるかで、結構苦労したんですよ・・・。

 

講座の準備には、毎回、生みの苦しみを味わっている (^_^;) 私ですが、今回は特に苦しかったなぁ!

 

準備のたびに、「なんで私はいつもこうなんだろう・・・。」「こんなに時間やパワー使って、それでも、なかなかまとめられない私って・・・。」と唸っているのでした。 でも、最後の最後、本番のギリギリ前までには、何とかまとまる んですけどね! (当日の朝まで、私は細かい所の修正や吟味をしているのです・・・。あんまり良くないことだと思うんですけど。)
まあ、とにかく!

そんなこんなで、何とか今年度のクボタ従業員研修、スタートを切ることができました!!


私的には、初回にしては合格点! だったかな。
同席してもらった、研修担当者や産業医の先生にも、一応「よかった」のお言葉を頂けたし。

10月まで、残り9回も、頑張るぞーーー!!