昨日の、占いをとるかコーチングをとるか にも書いたけど、

八百万(やおよろず)信仰 に至った。

記事の最初にも、大きな気付きだと書いたんだけれど、本当に、
私にとっては 大きな気付きなの。

私は、実はけっこう、完璧主義なんだよね。
きっちり、カッチリ、形を整えて始めたい。 つまんない形で妥協したくない。
やるからには、理想的な所まで、目指したい。
そう思ってしまう。

そしてついつい、ちゃんとした「形」や「理想」は、コレだ!と縛られてしまいがち。
尊敬できる人や、納得できる考え方、形を 知ってしまうと、
それが全てじゃないと思いつつ、やっぱり、全てになりがち (^^;) 
だったりする。

そもそも私は、
ずっと、答えを見つけていた。

自分にとって、「理想的な生き方」とは。
それの「指針となるような考え方」は。

一般的な、どこかの宗教にはまってしまえば、そのまま、そちらの道に
進んでしまって、ある意味 ラクだったかも知れない。

だけど、それぞれの宗教に、良さや 納得行かない部分があったり。
それぞれの書物や教えにも、同様だったり。

一体どこに、私の求める答えは あるんだろう。
答えがほしい。
指針がほしい。

・・・いつも、そう思っていた。

big tree

だけど、そういう私の考え方を、
八百万信仰は、一気に くつがえしてしまった。

あっちにもいい所がある。 こっちにも、納得する部分がある。
だから、あちらもこちらも、信仰していい。 そちら側の信仰も、
否定しなくていい。

・・・こんな柔軟な考え方って、他に ないと思わない?

キリスト教やイスラム教を否定するわけではないけど、 この神しか認めない、
偶像崇拝さえいけない、と言うのは、 どうも、窮屈だと思うのよ。
現にああやって、その信仰をもとに、世界中でいさかいが起きているじゃないか。

キリスト教じゃないけど、クリスマスを祝う。
家には、仏壇がある。
仏壇の中には、虚空菩薩がいる。(←うちの場合。)
彼岸には、墓参りに行く。
正月には、神社に初詣に行く。

そして、江原さんが提唱する、スピリチュアルな考え方も受け入れる。

いいじゃん、それで。
それぞれの中に、納得や真実や神を 見つけられるなら、それでいいんだよ。

節操ないんじゃなくて、柔軟なんだと思う。


真実なんて、シンプルだけど、ひとつじゃない。

だから。

やっぱり、八百万信仰は、素晴らしい。

世界を救う可能性さえ、あると思う。