前回の記事にも書いた通り、私はブログ・スランプに 陥っていました。ブログを書いて3年。最初の頃はそんなに 迷いもなく、毎日に近い更新をしていたのに・・・

ここに来て、思うように書けなくなったんです。
理由は、忙しさや生活スタイルの変化だけでは ありません。
根本的な部分で、私の中に 迷いや葛藤が生まれたんです。

私は、誰のために、何のために、書いているのか?
自己満足で 書いているだけじゃないのか?
独りよがりな文章を、ただ、垂れ流すような書き方をしていないかと。

今でも、正直定まっていない部分はあります。
また、そこまでリキまなくても、ある程度は自己満足と割り切って、でも、最低限のマナーは守って、書きたい時に書き続ければ いいじゃないか。そう思っている部分も あります。

ただね・・・

うまく言えませんが、最近の私は、手段と目標の違いを見失っていたり、 ある意味、「自己中心」に陥っていたのは、事実だと思います。 WIN-WINの大切さは、とてもよく分かっていたつもりだったのに・・・。

忙しさに追われると、大事なものを見失いがちですね。
今回は改めて、自分を冷静に見つめる時間をとることを、日々の中で 忘れてはいけないなと 実感させられてしまいました。

さて、おすすめの本、紹介しますね。
ベネッセの小論文指導で、長年活躍をされてきた「山田ズーニー」さん という方の本です。この方は、「文章で人に伝えるということ」。 その難しさや有意義さを、まさにご自身の体験で研ぎ澄ませてきた、 信頼できる方だなと思いました。

伝わる・揺さぶる!文章を書く (PHP新書)

ブログに限らず、人に伝えるってどういうことだろう どういうポイントを押さえれば、自分のあふれる思いを、 独りよがりにならずに、相手に有意義な形で伝えられるのだろう。
そんな私の切実な思いに、見事に応えてくれる書籍を、世に出してくれていました。

特に 私にとって勇気を与えてくれたのが、 著書の中で 山田さんが語ってくれていた言葉です。

山田さんほどの方も、「伝える」ということ、「自分の思い をまとめる」ということに、大きな苦労をしているという事実。 一つ一つの、山田さんが教えてくれた失敗談や 表現に苦心している という告白に、私は、どんなに勇気付けられたことでしょうか。

まだまだ至らない私だけど、 山田さんの「伝える」ということに対する姿勢には、 大きな共感を覚えました。

だから、ずっと先をいく先輩が、じぶんの苦心の中で 見つけてきた法則・・・この著書でまとめられていること・・・ を、しばらく私は、指針にさせてもらおうと思います。

とにかく私はこの本で、「伝える」ということについて、 大きな指針を得ることができました。

ブログなどで、別の方に「伝えたり」「発信したり」している方には、 一読をおすすめする本ですよ。