2007年11月7日

まず先に言いますと、

私は教員でした。(小学校5年間、中学校3年間)
そしてその後、市役所でパートで働いていた時期(半年)もあります。

なのではっきり言って、
どちらかというと「先生」や「行政」には好意的
世の中には、学校の先生や行政と聞くだけで、ケチをつける というか、悪く言う人もいますが、あれははっきり言って、
偏見だと思います。

一生懸命がんばっている、先生や行政の人も、多いんだから!

・・・でもね・・・

今週月曜日、上の子の「就学前健診」があったんですよ。
小学校に入学する前に、その小学校に呼ばれて、身体検査から知能検査、
歯科検診、ありとあらゆる検査をする、アレです。

それで、子供たちが6年生に付き添われて、いろいろな検査を
しているその間に、保護者(だいたいお母さんですね。)は体育館で、
いろいろな講話を聞かされていたんです。

つい、「聞かされていた」なんて書き方をしちゃいましたが、(^^;)
えーっと、市の社会教育関係の人と、栄養士関係の人と、それから
歯科医師の人からの話だったかなぁ。

で、講話を聞いた感想というか、印象ね。

「ああ~ こういう話し方をしたら、お母さんたちは反発感じるだろうなぁ。
 共感できないよなぁ。」

そういうものでした。

でも、こんな感じの喋り方や話し方って、
多分、私が教員だった頃(特に 子どもがまだいなかった頃)には、
同じようだったかも知れない・・・。
そうなんだよなぁ。先生や行政の立場だと、ついこう言いたくなっちゃう
んだよなぁ、とそこの部分も感じて・・・。
ホント、立場が変わるといろいろなものが見えてくると感じたのでした。

――先生側や行政側のフォローを兼ねて説明しますね。

講話の話のほとんどが、
「こうしなさい。ああして下さい。」ばっかりなんですよ。

そこには、「親も少しは考えてくれよ。何とかしろよ。」みたいな、
どちらかというと、責めるような空気がある。
そしてそれって、やっぱり相手側には伝わるんですね。
だから、「なんか責められている」ような、「上から物を言われている」ような、
「素直に受け取れない」ような、そんな感覚を覚えてしまう。

でも、先生側、行政側の立場になると、
そうも言いたくなる んですよ。

本当に、たくさんの親や子どもたちを見ているので、
ひどい親や子どもが実際にいるから、
苦言を呈せずにはいられない。

今、「モンスターペアレンツ」とか「お金があるのに税金や給食費払わない人」
とか話題になっていますが、本当に、いるんですよ、そういう人たちが。

でも、ごくごく一部なんですけどね・・・

ほんと、ここを強調したいのですが、
そういう信じられない親、信じられない人、っていうのは、
ほんの一部、ほんの一握りなんですよ!

だけど、そういう人たちのインパクトの方がすごく強くて、
しかも、先生や行政側は、そういう人たちにすごく悩まされているから、
ついつい、向こうの立場というか感情としては、
「頼みますよ。こうして下さいよ。あなた、親でしょう。」 と、
言いたくなっちゃうんですよ。(^^;)

・・・ああ、こんな時間になってしまった。
続きはまた後で書きます。(^^;)  <9日 7時現在。>