以下、自戒を込めて、子どもの気持ちを想像して書いた内容です。

 

*****
あなたが絶対と信じている「それ」は、
正論で、
多数派で、
モットモなのかも知れない。

でも、「絶対だから黙って聞け。」と言わないで。
「後になればお前も分かる。」と決めつけないで。

 

「それ」が、どんなに正しくて、立派で、素晴らしいものでも、今の私には、合わないのだ。
今の私には、「それ」が、重くて、合わなくて、苦しい。

これまでは、あなたを始め 多くのみんなが そう言うから、「そうなのかな」と思って、とりあえず取り組んできた。

正直、窮屈さや しんどさを感じていたけれど、私なりには 頑張って取り組んできた。

 

だけど、

どうしても私は、 あなたの期待通りに感じられない。
どうしても私は、 あなたの求める「私」になれない。

そうやって、あなたが「私を思って」、一生懸命 説き伏せるたびに、私は、どんどん苦しくなる。

頭の奥から、「なぜ出来ない。お前はおかしい。」と唱えられている気がして、
こんな自分が、イヤで、ダメで、たまらなくなる。

 

もう、何も考えたくない。

感じたくない。

何だか、疲れちゃったよ。

 

もしかしたら、将来、何年か後には,
「それ」が できる日が来るのかもしれない。
あなたが言うように、「それ」が必要になる日が来るのかも知れない。

 

だけど、
今の私には、
どうしても そう思えないから。

*****

私は、

私が 必要と思った時に、

自分で 選んで、

「それ」をやりたい。

 

私の心と体が「やりたい」と言った時に、

私に ちょうど良いタイミングと

ちょうど良いペースで、

「それ」に取り組みたい。

 

だから、

今は 私に、

「あなたの絶対」を押しつけないで。