「理想的な優しいお母さんになりたいのに、すぐイライラしてしまう。どうしたらイライラしなくなるの?」そう悩んでいるお母さんには、とてもオススメの会です。

ハートリスニングは、毎月1回お母さんなら誰でも参加可能、当日の飛び込み参加もOK!
の グループ・リスニング会です。

このようなグループ・リスニングの会に定期的に参加することは、イライラなどに悩んでいるお母さんに、とてもオススメなんです。
なぜなら、このような会に定期的に参加することで、イライラの少ない落ち着いたお母さんに近づけるからです。
(※その理由3つは、以下本文をご覧下さい。)

グループリスニングとは? 

同じような悩みを持つ人が集まり、(グループ)
お互いの悩みや気持ちを聴き合う。 (リスニング)

そんな活動を総称して、ここでは「グループ・リスニング」と言っています。

複数の人数で行う「グループ・カウンセリング」や、障害児や不登校児を持つ親御さんの集まり、自身のアルコール依存克服を目指している「自助グループ活動」なども、グループ・リスニングになります。  

グループ・リスニングに定期的に参加すると、イライラの少ないお母さんになれます。

グループ・リスニングに定期的に参加することは、以下3つの効果を、私たちにもたらします。

  1. 解放の効果
     グループ・リスニングの場で話すこと自体が、イライラの解放につながる。

  2. 客観視の効果
     悩みを話し、周りの反応をもらうことで、イライラの真の原因である「自分の問題」を客観視できるようになり、解決策も見えてくる。

  3. 自己肯定感の効果 
    自分を認めてくれる人(仲間)、場、時間を得ることで、「自己肯定感」が増し、イライラしにくくなる。

     

 以下、それぞれについて、簡単に説明します。

 【1】解放の効果

グループ・リスニングの場で話すこと自体が、イライラの解放につながります。
人間にとって、「排出」はとても大切です。
感情、エネルギー、涙、考え、言葉…。これらを、ため過ぎたり、こねくり回したりしているのは良くありません。
適度に排出する、出していくことが、心にも身体にもとても大切です。
よく言われる言葉ですが、「話す」は「放す(手放す)」 にも繋がります。だから、このような場で「話し」、排出すること自体が、良い効果をもたらすのです。

 【2】客観視の効果

悩みを話し、周りの反応をもらうことで、イライラの真の原因である「自分の問題」客観視できるようになってきます。
イライラは、相手側の問題だけでなく、自分側にも問題や原因が少なからずあります。特に、イライラする自分側の問題として、次の2点は確認が必要です。

・自分の持っている「理想や期待」は妥当なものか。
・自分は「現実」を受け入れているか。

イライラは、現実を受け入れず、自分の「期待」や「こうあるべき」に囚われている時に起こりやすいものです。

例えば、「夫も少しは手伝う ”べき”。 気が付く”べき”」と思っているのに、現実の夫は、「少しも気が付かず、手伝おうともしない」。そんな時に、イライラします。
期待・理想 ≠ 現実の時に、イライラするのです。
グループリスニングで、自分の悩みやイライラを話すことは、自分の考えや気持ちを整理したり、無意識に持っていた「理想、期待、思い込み」に気が付いたりすることに役立ちます。(自己の客観視)

 また、自分以外の「聴き手」の反応や意見を知ることは、さらに、自分の客観視を強めてくれます

(例1: 私も、手伝ってほしいのに何も言わず黙っているだけだったな。イヤミな言い方しか、していなかったな。)
(例2: みんなも同じようなことでイライラしているんだ。うちだけじゃないんだ。気が付きすぎるダンナさんでも、それはそれで大変なんだ。)

特に、このハートリスニングでは、お母さん向けカウンセリングで実績を持つ心理カウンセラーが同席しています。カウンセラーによる投げかけや掘り下げも、自己の客観視や問題解決に大きく役立つはずです。

【3】自己肯定感を増す効果

自分を認めてくれる人(仲間)、場、時間を得ることは、その人の「自己肯定感」を増やし、イライラしにくい自分にさせていきます。

このグループ・リスニングの場は、守秘義務や その人の”気持ち”がしっかり守られる、安心・安全の場です。
(カウンセラーがファシリテーターとして取りまとめることで、その場を安心・安全の場に保ちます。)
そのような場で、自分の思いを率直に話せること受けとめてもらえることは、その人の精神安定に大きな効果を与えます。
全ての人間にとって、「自分を認めてほしい」「受け入れてほしい」というのは、根本的な欲求なのです。グループ・リスニングの場は、まさにその欲求を満たしてくれる場所です。

また、このような場や仲間を得ることは、「安心感」と同時に、今の自分をOKと思える「自己肯定感」も育てます。

「自己肯定感」という言葉は、心理学の本や育児書を読まれる方は、きっと耳にしたことがある言葉だと思います。
この「自己肯定感」は、あらゆる悩みや問題を解決するために、欠かすことができない、非常に大切なものです。
私自身、カウンセラーとして1000人以上の方を見てきて、自己肯定感がいかに大切か、経験を重ねれば重ねるほど、痛感するばかりです。
自己肯定感は、イライラしやすい、不安になりやすいというお母さんに、間違いなく役立つものです。

 3つの効果は、継続することで高まる。

上の3つの効果は、単発の機会でも、ある程度得ることができます。
しかし、定期的、継続的に体験していくと、より大きく、より確実な効果にしていくことができます。

自分一人で悩んだり考えたりしていると、つい、いつもの思考グセやパターンに陥ったり、イライラや不安の渦に飲み込まれたり、ストレスを大きく溜めてしまったりしがちです。
そうならないように、定期的、継続的に

【1】解放
【2】客観視
【3】自己肯定感の補充

ができる機会を作っていくことが、イライラしにくい自分を作っていくためにも、大切なことです。

 ***** 

この機会に、お母さんなら誰でも参加OKの「ハート・リスニング」に、ぜひ一度、参加してみませんか?
月1回のリフレッシュの場、セルフケアの場として、きっとお役に立つと思いますよ。

 

ハートリスニング開催概要とお申し込み

毎月第2金曜日に開催している、ハートリスニング。
開催の概要とお申し込みは、「HAPPYママ育自」サイトでお願いします♪

HAPPYママ育自のサイト